このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 40375
本文ファイル
別タイトル
Studies on the sulfur uptake by porphyra tenera and ulva pertusa, using 35S
著者
佐藤 孜郎
伊藤 啓二
松本 文夫
NDC
植物学
抄録
 アオサを35SO4,添加海水で、培養し熱水可溶,不溶, 80%アノレコール可溶,不容の各成分への硫黄の移行を時間的lこ追究した.またアサクサノリ及びアオサを同様に48時間培養し,同じく各成分への硫黄の移行を調べ,更にアノレコール可溶部分については, イオン交換樹脂を用いacidic,basic 及びneutral の3 fraction に分割し,各fraction における硫黄の動向について考察した.
① アオサでは硫黄の大部分は熱水可溶部及びその80% アノレコール不溶部にかなり短時間に入り24時間乃至48時間後lこはほぼ平衡に達する.
② 80%アノレコール可溶の部分ではやや異なり,培養開始後24時間までは比絞的緩慢であるが,その後はかなり大きく増加する.
③ アサクサノリ,アオサいずれも80%アルコール不溶の部分に多く吸収され, 80%アノレコール可容の部分ではアサクサノリの方がアオサに比して少い.
④ このfraction にはtaurine,cysteic acid, cysteinolic acid などのようなアミノスルフォン酸の存在が認められ,それらへの移行が考えられるが確認は出来なかった.
抄録(英)
The time-course of sulfur uptake and transferring to the fronds of Ulva pertusa was investigated, by means of culturing for I, 6, 12, 24 and 48 hours in the media added 35S04 • Distribution of sulfur and 35S-actiyity in the fronds were looked over from the fractions separated under the procedure of Text-fig. I.

And also the sulfur uptake of Porphya tenera and of Ulva pertusa were compared, after the culturing for 48 hours with 35SO4 •

The results are as follows.

(1) 35S was taken rapidly into each fraction from the outset by Ulva pertusa and poised after 48 hours (see Table 1).
(2) However, in the 80% ethanol soluble fraction, 35S-activity increased slowly at the beginning of culture, but after 24 hours, became faster.
(3) Making a comparison between Porphyra tenera and Ulva pertusa, a good deal of 35S was taken up into the 80 % ethanol insoluble fractions of both, on the contrary, less activity was found in the 80 % ethanol soluble fraction of Porphyra tenera than Ulva pert usa (see Table 2).
(4) In the latter fractions, there were found sulfonyl amino compounds such as taurine, cysteinolic acid or cysteic acid in either Porphyra tenera or Ulva pertusa. It is probable that 35 S-activity exists in these compounds.
掲載誌名
広島大学水畜産学部紀要
5巻
2号
開始ページ
537
終了ページ
544
出版年月日
1964-12-20
出版者
広島大学水畜産学部
ISSN
0440-8756
NCID
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
部局名
生物圏科学研究科
他の一覧



過去1年のアクセス数 : ?
過去1年の本文閲覧数 : ?


今月のアクセス数 : ?
今月の本文閲覧数 : ?