このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 37565
本文ファイル
別タイトル
A study of the ideals regarding healthy living and food taught in kindergarten, elementary school, and junior high school, including individual guidance for junior high students that utilizes the “life survey” and “meal record”
著者
NDC
教育
抄録
本研究の目的は,中学生の主観的健康観を高めるために中学生の生活実態を把握し,生活習慣や健康に対する意識の課題を明確にすることである。また,その課題を改善するために,保健指導を意図的に実施することにより,より効果的に生徒の主観的健康観を高める方法についても検討した。主体的健康観が高まることで,生徒各々のQOL(生活の質)を高めることにも繋がり得ると考えられる。

そこで,中学2年生を対象に,運動・食事をはじめとした生活習慣や,健康状態などについて調査を行い,主観的健康観がどのような要因と関連しているか明らかにすることを試みた。そして,その要因とライフスタイルや健康に対する意識との関連性ついて考察し,中学生の主観的健康観を高めるための個別指導の方法も試みた。運動部に所属する男子生徒の食事内容について,スポーツ栄養の指導経験がある栄養士から個別指導を受けることにより,中学生の男子生徒の食に対する意識を高め,発育発達や健康の保持増進に及ぼす影響を再認識できる機会としては非常に効果的であった。
抄録(英)
This study aims to examine the education of children regarding healthy living and food, from the perspective of subjective health sense. It was hypothesized that health guidance would improve students’ knowledge and thus raise their subjective health. Raising subjective health would then lead to an increase in students’ QoL (Quality of Life). The questionnaire comprised questions about exercise, meals, health, and subjective health. The study mainly focused on the factors related to subjective health. The results showed a relationship between self-evaluation of meals and the subjective health. In addition, tutoring was considered important to raise the subjective health of junior high school students. Individual guidance from a dietician regarding meal content increased students’ consciousness of food and made them recognize that food has an influence on growth and on maintaining and improving one’s health.
掲載誌名
学部・附属学校共同研究紀要
43号
開始ページ
257
終了ページ
262
出版年月日
2015-03-26
出版者
広島大学学部・附属学校共同研究機構
寄与者
吹田, 晋
山下, 琴美
山下, 理子
ISSN
1346-5104
NCID
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
部局名
附属学校部
他の一覧



過去1年のアクセス数 : ?
過去1年の本文閲覧数 : ?


今月のアクセス数 : ?
今月の本文閲覧数 : ?