このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 37544
本文ファイル
別タイトル
Changes in skill acquisition and recognition in gymnastics class : Focusing on the “forward roll on the buck” in vaulting box exercise
著者
NDC
教育
抄録
本研究は,体育科授業の跳び箱運動において,技ができない児童ができるようになる過程で,どのようなことに気づき,どのように技能獲得をしていくのかを明らかにし,今後の跳び箱運動の学習指導における学習内容や手立てを見出すことを目的としている。本年度は,跳び箱運動の中でも「台上前転」に焦点を当てて研究を行った。広島大学附属小学校では3学年と5学年,広島大学附属東雲小学校では2学年と4学年と5学年,広島大学附属三原小学校で3学年の授業を分担して行った。  

そして,それぞれの授業において,大きく技能の変容が見られた児童について学習前後の児童のパフォーマンスの比較を行い,教師がその児童の技能をどのように把握し,それに基づいて児童の実態に応じてどのように指導していったのかを』分析した。また,児童が獲得した台上前転における気付きや知識についても分析を行った。本研究により,「台上前転」の指導で,これまでの指導技術に加えて,どの学年においても重視すべき異指導技術が明らかになった。また,事例的ではあるが,個に応じた手立ての仕方の有効性が明らかになった。
抄録(英)
This research aims to clarify what students who are initially unable to perform vault moves recognize, how they acquire the necessary skills to perform them, and how the learning content and methods suitable for teaching the vaulting box exercises can be established. We focused on students who had demonstrated changes in ability during the class, comparing their performance before and after the class, analyzing how the teacher understood their skills, and examining how the teacher taught them new skills. We also analyzed what students understood by themselves and what knowledge they acquired in learning to perform the “forward roll on the buck.” These analyses clarified which teaching skills should be considered important for teaching gymnastics to all grades as well as indicated the teaching skills necessary for giving lessons on the “forward roll on the buck,” specifically. We found that the most effective technique is to differentiate between the abilities of the students, using particular methods on a case-by-case basis.
掲載誌名
学部・附属学校共同研究紀要
43号
開始ページ
69
終了ページ
77
出版年月日
2015-03-26
出版者
広島大学学部・附属学校共同研究機構
寄与者
坂本, 亮
河合, 彩華
ISSN
1346-5104
NCID
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
部局名
附属学校部
他の一覧



過去1年のアクセス数 : ?
過去1年の本文閲覧数 : ?


今月のアクセス数 : ?
今月の本文閲覧数 : ?