このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 34544
本文ファイル
別タイトル
Factors participating in recovery processes of eating disorders <Original Articles>
著者
矢式 寿子
小島 奈々恵
二本松 美里
松山 まり子
石原 令子
杉原 美由紀
古本 直子
玉田 美江
高橋 涼子
山手 紫緒
キーワード
摂食障害
回復過程
ソーシャルサポート
eating disorder
recovery
social support
NDC
医学
抄録
われわれは,摂食障害から回復した患者の臨床像,精神症状を検討した。対象は,摂食障害から回復し,1年以上よい状態が持続している患者10例(回復群)と治療継続中の摂食障害患者10例(対照群)である。回復群と対照群の,初診時と治療開始1年後のDSM-IV のGAF,EAT,BITE,CISS を比較した。さらに,回復者自身が回復に重要であったととらえている要因について面接調査した。その結果,回復群は,対照群と比較して,ソーシャルサポートを有する者が多かった。また,治療開始1年後で,EAT が有意に低く,GAF が有意に高く,CISS の情緒優先対処の得点が有意に低かった。さらに,回復群は,社会活動,友人のサポート,自己実現の体験,他者から評価される体験が回復に重要であったと述べていた。ソーシャルサポートやストレス対処への介入,社会活動への援助などが摂食障害の回復に重要であると思われた。
抄録(英)
Objective: The aim of this study was to investigate the clinical and psychological features of patients who recovered from eating disorder. Subjects: Subjects were 10 patients who recovered from eating disorder and continued being in good condition for more than one year (recovery group). We chose 10 eating disorder patients who were under treatment as control group. Method: We compared clinical and psychological features of recovery group and control group. We used GAF (DSM-IV), Eating Attitudes Test (EAT), Bulimic Investigatory Test, Edinburgh (BITE), and Coping Inventory for Stressful Situation (CISS). Then we interviewed patients of recovery group and investigated what factors they thought influenced on recovery. Results: Recovery group had more social supports compared to control group. Recovery group showed significantly lower EAT scores, higher GAF scores and lower emotional oriented coping scores in CISS than control group after 1 year from starting treatment. And recovery group expressed social activity, supports of friends, experiences in achievement their purposes, and experiences in being appreciated were important for recovery. Conclusion: Social support, intervention in coping for stressful situations, and help to engage in social activity are important for recovery in eating disorder patients.
掲載誌名
総合保健科学
29巻
開始ページ
1
終了ページ
6
出版年月日
2013-03-01
出版者
広島大学保健管理センター
ISSN
0911-3231
NCID
SelfDOI
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
権利情報
Copyright (c) 2013 「総合保健科学 : 広島大学保健管理センター研究論文集」編集委員会
部局名
保健管理センター
他の一覧



過去1年のアクセス数 : ?
過去1年の本文閲覧数 : ?


今月のアクセス数 : ?
今月の本文閲覧数 : ?