このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 31985
本文ファイル
別タイトル
A STUDY ON THE GROUP HOME FOR CHILDREN IN RESIDENTIAL CARE
著者
小野田 泰明
松浦 真樹
金成 瑞穂
キーワード
児童養護施設
グループホーム
整備実態
生活集団
居住環境
制度
NDC
建築学
抄録(英)
The purpose of this study is to examine the actual condition of group home for children in residential care, and to clarify issues of the living environment. The main findings are as follows: 1) There are 194 group homes throughout Japan. 2) The types of the living environment are characterized by its property, the size of the housing and the member of the group homes. Not all the group homes afford enough space for the children and the staff. 3) The difference in living environment comes also from finances and child welfare policy in each local autonomy.
掲載誌名
日本建築学会計画系論文集
74巻
637号
開始ページ
559
終了ページ
566
出版年月日
2009-03-30
出版者
日本建築学会
ISSN
1340-4210
NCID
言語
日本語
NII資源タイプ
学術雑誌論文
広大資料タイプ
学術雑誌論文
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
権利情報
日本建築学会
本文データは学協会の許諾に基づきCiNiiから複製したものである
関連情報URL
部局名
工学研究科



過去1年のアクセス数 : ?
過去1年の本文閲覧数 : ?


今月のアクセス数 : ?
今月の本文閲覧数 : ?