このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 31867
本文ファイル
著者
中嶌 誠治
NDC
医学
目次
目次
序論 / p1
第1章 菌体表層における自己溶解酵素遺伝子(atl)産物の局在性 / p5
 第1節 概要 / p5
 第2節 材料および方法 / p5
  第1項 使用菌株および培養 / p5
  第2項 自己溶解酵素画分の調製 / p6
  第3項 抗GLおよび抗AMペプチド血清の作製 / p7
  第4項 SDS-PAGEおよびWestern blottingによるatl遺伝子産物の検出法 / p7
  第5項 抗GLおよび抗AM IgGの精製 / p8
  第6項 電子顕微鏡を用いたatl遺伝子産物の検出法 / p8
 第3節 結果 / p9
  第1項 自己溶解酵素画分における酵素活性の比較 / p9
  第2項 抗GLおよび抗AMペプチド血清によるWestern blottingを用いた検討 / p12
  第3項 免疫電子顕微鏡によるatl遺伝子産物の局在性の検討 / p14
  第4節 考察 / p20
第2章 菌体からのクラスター分散酵素の精製および性状 / p26
 第1節 概要 / p26
 第2節 材料および方法 / p26
  第1項 使用菌株および培養 / p26
  第2項 菌体からのクラスター分散酵素の精製法 / p26
  第3項 培養上清からのクラスター分散酵素の精製法 / p28
  第4項 SDS-PAGEおよびWestern blottingによる自己溶解酵素の検出法 / p29
  第5項 菌体および培養上清からの精製酵素の性状比較 / p29
 第3節 結果 / p31
  第1項 菌体および培養上清からのクラスター分散酵素の精製 / p31
  第2項 精製酵素の性状比較 / p33
  第4節 考察 / p36
第3章 自己溶解酵素ATLのプロセシングに及ぼすCibacron Blue F3G-Aの影響 / p37
 第1節 概要 / p37
 第2節 材料および方法 / p37
  第1項 Cibacron Blue F3G-A(CB)によるクラスター分離活性阻害 / p37
  第2項 培養条件および自己溶解酵素画分の調製 / p38
  第3項 SDS-PAGEおよびWestern blottingによるatl遺伝子産物の検出法 / p38
  第4項 138kDaおよび115kDaタンパクの精製法 / p38
  第5項 自己溶解酵素のN末端アミノ酸分析法 / p39
 第3節 結果 / p40
  第1項 Cibacron Blue F3G-A(CB)によるクラスター分離活性阻害 / p40
  第2項 自己溶解酵素ATLのプロセシングに及ぼすCBの影響 / p40
  第3項 138kDaおよび115kDaタンパクの精製 / p47
  第4項 138kDaおよび115kDaタンパクのN末端アミノ酸分析 / p47
 第4節 考察 / p50
第4章 自己溶解酵素ATLのプロセシング / p53
 第1節 概要 / p53
 第2節 材料および方法 / p53
  第1項 抗ATLウサギ血清の作製 / p53
  第2項 免疫沈降法によるatl遺伝子産物の検出法 / p53
  第3項 Prosessing enzyme画分の調製法 / p55
  第4項 in vitroにおけるATLのプロセシング解析法 / p55
 第3節 結果 / p56
  第1項 免疫沈降法によるATLのプロセシング / p56
  第2項 in vitroにおけるATLのプロセシング / p56
 第4節 考察 / p60
総括 / p63
参考文献 / p65
SelfDOI
言語
日本語
NII資源タイプ
学位論文
広大資料タイプ
学位論文
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
ETD
権利情報
Copyright(c) by Author
関連情報(references)
・Kornatsuzawa, H., Sugai, M., Nakashima, S. and Sliginaka, H. (1995) : Alteration of bacteriolytic enzyme profile of Staphylococcus aureus during growth. Microbiology and Immunology, 39 : 629-633.
・Yamada, S., Sugai, M., Komatsuzawa, H., Nakashirna, S., Oshida, T., Matsumoto, A. and Suginaka, H. : An autolysin ring associated with cell-separation of Staphylococcus aureus. Journal of Bacteriology. (in press)
・Nakashima, S., et al. : Processing of atl gene products in Staphylococcus aureus. (in preparation)
・Komatsuzawa, H., Sugai, M., Nakashirna, S., Yamada, S., Matsumoto, A. and Suginaka, H. : Cell-associated atl gene products in Staphylococcus aureus. (in preparation)
・Sugai, M., et al. : Effect of Cibacron Blue F3G-A on the processing of atl gene products in Staphylococcus aureus. (in preparation)
学位記番号
甲第1499号
授与大学
広島大学(Hiroshima University)
学位名
博士(歯学)
学位名の英名
Dentistry
学位の種類の英名
doctoral
学位授与年月日
1996-03-26
部局名
医歯薬学総合研究科



過去1年のアクセス数 : ?
過去1年の本文閲覧数 : ?


今月のアクセス数 : ?
今月の本文閲覧数 : ?