このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 28772
本文ファイル
別タイトル
Survey of Regional Economic Research Institutions of Universities / Colleges in Japan
著者
平尾 元彦
NDC
教育
抄録
産官学連携による共同研究の実施など大学と地域の関わりがふかまるなかで、地域研究の拠点としての大学への期待も大きい。そのなかで、すでにいくつかの大学では、学内に地域経済研究機関を設置して、研究の推進と社会との連携を強化している。本研究は、国内大学・短期大学の地域経済研究機関に対して実施したアンケート調査・ヒアリング調査に基づいて、研究機関の活動実態と課題を明らかにすることにより、地方分権型社会における大学の役割を考察する。
抄録(英)
The relationships between universities and local societies based on the business, governments and academics alliances have becoming more important in Japan. In this context, universities are expected to achieve as a basis of regional research activities. Some universities have already established regional economic research institutions, which is promoting various researches and reinforced alliances with local societies.

This study aims to clarify types of activities and issues of those institutions by sending questionnaire sheets and having interviews to regional economic research institutions in Japanese universities and colleges. In addition, this study analyzes the role of the universities in the coming decentralized society.
掲載誌名
地域経済研究
11号
開始ページ
81
終了ページ
94
出版年月日
2000-03-31
出版者
広島大学経済学部附属地域経済研究センター
NCID
SelfDOI
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
部局名
社会科学研究科
他の一覧



過去1年のアクセス数 : ?
過去1年の本文閲覧数 : ?


今月のアクセス数 : ?
今月の本文閲覧数 : ?