このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 27823
本文ファイル
別タイトル
Effects of Silent Reading and Vocal Reading upon Memory for Prose
著者
NDC
心理学
教育
抄録
文章を黙読した場合と音読した場合とでは,文章の記憶及び読解の成績にどのような違いが生じるかという問題を,大学生を被験者として検討した。その結果,音読することは,文章を逐語的に記憶する場合には有効であるが,その効果は一時的であることがわかった。これに対し,黙読することは,文章を逐語的に記憶するというよりも,文章の内容を体制化して記憶する場合に有効であり,その効果は音読の場合よりも永続的であることがわかった。 一方,黙読するか音読するかということによって,読解の成績には顕著な差はみられなかった。このことは,黙読するか音読するかという事が読解と無関係であるというより,読解テストのやり方自体に方法上の改善をほどこす必要があるということを示唆するものと考えられる。
掲載誌名
教育心理学研究
28巻
1号
開始ページ
57
終了ページ
61
出版年月日
1980-03-30
出版者
日本教育心理学会
ISSN
0021-5015
NCID
言語
日本語
NII資源タイプ
学術雑誌論文
広大資料タイプ
学術雑誌論文
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
部局名
教育学研究科



過去1年のアクセス数 : ?
過去1年の本文閲覧数 : ?


今月のアクセス数 : ?
今月の本文閲覧数 : ?