このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 26316
本文ファイル
別タイトル
Developing attainment targets in teaching practice for English teachers (II)
著者
猫田 英伸
大野 誠
NDC
教育
抄録
本研究は, 学部レベルで英語教員を養成する際に, 教育実習における到達目標を具体的に設定することを目的とした3年間の研究の2年目である。研究1年目となる昨年度は7つの評価規準を作成した。今年度はその規準を用いて, 教育実習による授業について実際にA, B, C段階の評価を行い, その基準となる特徴を分析した。その過程で評価の効率性および信頼性を向上させるという観点から, 昨年度の7規準を新たに次の6規準へと再編した。それらは(1)教師の英語, (2)指導技術, (3)授業運営, (4)活動のつながり, (5)生徒の応答への対応, (6)内容理解の展開である。そして, 各規準についてA, B, Cの特徴に関するコメントを整理し, その中で共通する要素を検討して, 試案となるルーブリックを作成した。
掲載誌名
学部・附属学校共同研究紀要
37号
開始ページ
59
終了ページ
62
出版年月日
2009-03-31
出版者
広島大学学部・附属学校共同研究機構
ISSN
1346-5104
NCID
SelfDOI
言語
日本語
NII資源タイプ
紀要論文
広大資料タイプ
学内刊行物(紀要等)
DCMIタイプ
text
フォーマット
application/pdf
著者版フラグ
publisher
部局名
附属学校部
他の一覧



過去1年のアクセス数 : ?
過去1年の本文閲覧数 : ?


今月のアクセス数 : ?
今月の本文閲覧数 : ?