このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 35957
file
Thumnail k6445_3.pdf 9.58 MB
Thumnail k6445_1.pdf 127 KB
Thumnail k6445_2.pdf 164 KB
title alternative
Study on the Effect on the Energy Consumption of Detached Houses by the Factors Among the Households and the Factors Changed in the Household
creator
Ando, Motoki
NDC
Domestic arts and sciences
language
jpn
nii type
Thesis or Dissertation
HU type
Doctoral Theses
DCMI type
text
format
application/pdf
text version
ETD
rights
Copyright(c) by Author
relation references
安藤元気,村川三郎,西名大作,松永裕介: 世帯全体の電力消費に及ぼす影響要因の分析-広島地域の全電化住宅を対象とした電力消費量に関する研究-, 日本建築学会環境系論文集,No.675,pp.409-416,2012.5
安藤元気,西名大作,村川三郎,金田一清香,石田正樹: 戸建て住宅における給湯電力消費量に及ぼす影響要因の分析-広島地域の全電化住宅を対象とした電力消費量に関する研究-, 日本建築学会環境系論文集,No.692,pp.799-807,2013.10
石田正樹,安藤元気,村川三郎,西名大作: 広島地域の全電化住宅を対象とした冷暖房電力消費量の影響要因に関する研究, 日本建築学会環境系論文集,No.687,pp.427-435,2013.5
安藤元気,西名大作,村川三郎,金田一清香,石田正樹,八杉克己: マルチレベルモデルを適用した戸建て住宅におけるエネルギー消費量に及ぼす影響要因の分析 -広島地域の全電化住宅を対象とした電力消費量に関する研究-, 日本建築学会環境系論文集,No.698,pp.383-392,2014.4(印刷中)
grantid
甲第6445号
degreeGrantor
広島大学(Hiroshima University)
degreename Ja
博士(工学)
degreename En
Engineering
degreelevel
doctoral
date of granted
2014-03-23
department
Graduate School of Engineering