このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 18034
file
title alternative
Liability Structure of Life Insurance Companies
creator
Hara, Mika
subject
ディスクロージャー
財務諸表
負債
引当金
責任準備金
積立方式
NDC
Economics
abstract
本稿では,生命保険会社の相次ぐ破綻から生命保険事業における経営課題とその改善策を生命保険会社特有の負債の構造を分析することにより検討している。長期の保険契約を保有する生命保険会社にとって,契約者保護や支払能力の確保は経営課題として重要である。生命保険会社の負債科目である責任準備金は,保険業法上,将来の保険給付に対する積立であり,一般企業の負債項目とは異なり,総資産の約90%を占めており,財務諸表における金額的重要度が高く,その適性を確保するために様々な規制が課されている。しかも,責任準備金は将来の保険契約履行という不確定要素に対する引当金的な要素が強く,会計上では見積額である。会計上の見積額である不確定な要因が,剰余金等に影響を与え,極論すれば生命保険会社の破綻を誘導する要因の一つになり得る。このような責任準備金の重要性と特殊性を鑑みつつ生命保険会社の問題点を論じる。
journal title
Hiroshima University Management Review
issue
Issue 5
start page
17
end page
31
date of issued
2005-03-19
publisher
広島大学マネジメント学会
国立情報学研究所
issn
1346-4086
ncid
SelfDOI
language
jpn
nii type
Departmental Bulletin Paper
HU type
Departmental Bulletin Papers
DCMI type
text
format
application/pdf
text version
publisher
department
Graduate School of Social Sciences
他の一覧