このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 18043
file
title alternative
Bankruptcies Caused by Securitisation Residual Interests : Windouw Dressing, Fraud and the Psychology of Lies
creator
Coman Roanne
subject
証券化
残余持分
倒産
粉飾
詐欺
嘘の心理学
NDC
Economics
abstract
国際社会において,金融機関の倒産は多大な問題であり,証券化市場においても避けられないものとなってきた。証券化技術は,オフバランス資金調達手段またはリスク管理技法として活用されており,米k所区を中心に世界中に広まりつつある。しかし,1999年から2001年の間に,証券化から生じる残余持分が原因となり,米国では3行の小規模金融機関が倒産に至った。本稿では,証券化および残余持分を説明した上,その会計処理が金融機関の倒産にどのような影響を及ぼしたかを検討する。また,嘘の心理学を用いて父倒産に伴う粉飾や詐欺に関する理解を深め,ディスクロージャーを求めることで,残余持分の会計処理を改善できることを論じる。
journal title
Hiroshima University Management Review
issue
Issue 5
start page
121
end page
130
date of issued
2005-03-19
publisher
広島大学マネジメント学会
国立情報学研究所
issn
1346-4086
ncid
SelfDOI
language
jpn
nii type
Departmental Bulletin Paper
HU type
Departmental Bulletin Papers
DCMI type
text
format
application/pdf
text version
publisher
department
Graduate School of Social Sciences
他の一覧