このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 35956
file
Thumnail k6444_3.pdf 11.7 MB
Thumnail k6444_1.pdf 120 KB
Thumnail k6444_2.pdf 175 KB
title alternative
Bond behaviors between low strength concrete and plain round bars in pull-out tests
creator
洪 成
NDC
Construction. Civil engineering
language
jpn
nii type
Thesis or Dissertation
HU type
Doctoral Theses
DCMI type
text
format
application/pdf
text version
ETD
rights
Copyright(c) by Author
relation references
荒木秀夫,吉田俊太朗,洪成,加川順一:低強度コンクリートと丸鋼の付着強度とその補強効果;コンクリート工学年次論文報告集,第32 巻,第2 号,pp.883-888,2010
洪 成,荒木秀夫:繰り返し荷重下の低強度コンクリートと丸鋼の付着性状に関する研究;日本建築学会技術報告集,第18 巻,第38 号,pp.171-176,2012
洪 成,荒木秀夫,加川順一:低強度コンクリートと丸鋼部材の履歴付着特性のモデル化;コンクリート工学年次論文報告集,第34 巻,第2 号,pp.589-594,2012
洪 成,荒木秀夫,加川順一:エポキシ樹脂補修による丸鋼付着履歴特性のモデル化;コンクリート工学年次論文報告集,第35 巻,第2 号,pp.511-516,2013
洪 成,荒木秀夫:繰り返し荷重下での丸鋼と低強度コンクリート間の付着応力度分布に関する研究;日本建築学会技術報告集,第20 巻,第45 号,pp.557-562,2014
Cheng HONG and Hideo Araki:Bond-Slip Relationship between Low Strength Concrete and Plain Round Bar under Reversal Loadings;Proceedings of 15th World Conference on Earthquake Engineering, Lisbon, CD, No.1072, 2012
Cheng HONG and Hideo ARAKI:Study on Hysteretic Bond Mechanisms of Plain Round Bar; Proceedings of The 3rd International Conference on Sustainable Construction Materials and Technologies, Kyoto, CD, No.139, 2013
Cheng HONG and Hideo ARAKI:Empirical Models for Hysteretic Bond Behaviors of Plain Round Bars, fib Congress, Mumbai, CD, No.27, 2014
洪成,荒木秀夫,吉田俊太朗:低強度コンクリートと丸鋼の付着強度(その1:丸鋼の付着強度),日本建築学大会学術講演概集,構造Ⅳ pp.105-106,2010
荒木秀夫,洪成,吉田俊太朗:低強度コンクリートと丸鋼の付着強度(その2:エポキシ樹脂注入の補修効果),日本建築学大会学術講演概集,構造Ⅳ pp.107-108,2010
洪成,荒木秀夫,加川順一:繰返し荷重を受ける丸鋼と低強度コンクリートの付着力の履歴特性に関する研究,日本建築学会中国支部研究報告集,第35 巻 2012.3
洪成,荒木秀夫,加川順一:繰返し荷重を受ける低強度コンクリートと丸鋼の付着特性,日本建築学大会学術講演概集,構造Ⅳ pp.73-74,2011
洪成,荒木秀夫,加川順一:低強度コンクリートと丸鋼の付着履歴についてのモデル化,日本建築学大会学術講演概集,構造Ⅳ pp.131-132, 2012
洪成,荒木秀夫:エポキシ樹脂補強による丸鋼部材の付着履歴性能,日本建築学会中国支部研究報告集 第35 巻 2013.3
洪成,荒木秀夫,加川順一:エポキシ樹脂注入による丸鋼付着履歴に関するモデル化,日本建築学大会学術講演概集,構造Ⅳ pp.451-452,2013
洪 成;各繰り返し荷重を受ける丸鋼の付着性能とその補修効果,2010 年度広島大学大学院博士課程前期 修士論文 指導教員 荒木秀夫
grantid
甲第6444号
degreeGrantor
広島大学(Hiroshima University)
degreename Ja
博士(工学)
degreename En
Engineering
degreelevel
doctoral
date of granted
2014-03-23
department
Graduate School of Engineering