このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 31391
file
title alternative
Representation of ZAINICHI-Korean on Japanese TV drama <Research Reports>
creator
Lee, Kenji
NDC
Theater
abstract
日本のテレビドラマでは、在日朝鮮人がどのように描かれてきたのだろうか。本稿では在日朝鮮人と呼ばれるエスニック・グループに出自をもつ松田優作の主演ドラマ「探偵物語」で、多くのマイノリティが登場しながらも日本最大のマイノリティとでもいうべき朝鮮人が描かれなかったことから、在日朝鮮人の隠蔽という問題を考える。これは、アメリカ発の世界的テレビドラマといっていい「刑事コロンボ」における黒人表象と重なるものだといえる。すなわち、イタリアン(ホワイト・マイノリティ)であるコロンボが、WASPの犯人を追いつめるというドラマの影に、本当の民族問題としての黒人やプエルトリカン(あるいはユダヤ系)は描かれないという構図をもっており、これが「探偵物語」の朝鮮人隠蔽と相似形であると考えるからだ。また、その「探偵物語」に先行するドラマとして渥美清主演「泣いてたまるか!」のなかの「豚とマラソン」を取りあげ、日本のテレビドラマで朝鮮人がいかに描かれていったのか、そして在日朝鮮人の描き方として「人格者」としてしか描けない、すなわち隠蔽のコードに埋もれてしまうまでの筋道を論じる。
journal title
Annual Review of Hiroshima Society for Science of Arts
issue
Issue 23
start page
59
end page
73
date of issued
2010-07-23
publisher
広島芸術学会
issn
0914-9872
ncid
language
jpn
nii type
Journal Article
HU type
Journal Articles
DCMI type
text
format
application/pdf
text version
publisher
rights
Copyright (c) 2010 Author
department
Graduate School of Integrated Arts and Sciences
他の一覧