このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 41411
file
title alternative
各種食品の各種化学的,物理的処理における経験的速度式の設定に関する研究
creator
Kubota, Kiyoshi
NDC
Manufactures
abstract
各種食品の化学反応,乾燥,蒸煮,抽出装置など各種化学的,物理的処理装置を設計し,制御化などを行なっていくためには,最適な各種処理速度式を設定していくことが必要である。一般に,食品の各種処理機構は明確でなく,理論的速度式を得ることが困難であるため,経験的速度式の検討が必要となり,その設定方法が問題となる。

本研究は,各種食品の各種化学的,物理的処理における経験的速度式の設定方法について研究を行ない,電子計算機プログラムの作成を行なったものである。本研究で得られた経験的速度式の設定のためのプログラムは,実験データが単調な増減をする場合と, S字型の形状を示して増減をする場合との両方に対して有用なものである。また,本研究で得られたプログラムは,各種食品以外のものに対しても,経験的速度式を設定するのに有用である。
abstract
In order to design and automatically control various chemical and physical transforming apparatuses such as chemical reaction, drying, cooking, extracting apparatuses and so on of food materials, it is required to formulate first the best transforming rate equations. Most of the transforming mechanisms of foods can be analyzed, but a theoretical rate equation can not be obtained. In these cases, the empirical formula of rate equation must be used. We investigated the method and the computer programs in order to determine the empirical rate equations. The method and the computer program of the determination of the empirical rate equations shown in this paper are available for the data giving a monotonous smooth curve or a S-shape curve. The program shown in this paper can be used not only for the determination of the empirical rate equation of the various foods, but also for the empirical rate equations of other materials.
journal title
Journal of the Faculty of Applied Biological Science, Hiroshima University
volume
Volume 18
issue
Issue 1
start page
11
end page
30
date of issued
1979-07-16
publisher
広島大学生物生産学部
issn
0387-7647
ncid
naid
language
eng
nii type
Departmental Bulletin Paper
HU type
Departmental Bulletin Papers
DCMI type
text
format
application/pdf
text version
publisher
department
Graduate School of Biosphere Science
他の一覧