このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 33811
file
creator
Amasaka, Kakuro
NDC
Technology. Engineering
contents
第1章 序論 / p1
 1.1 緒言 / p1
 1.2 製造業におけるSQC活用に関する実証論的考察 / p1
 1.3 SQC実践活用の問題とSQC手法の問題 / p4
 1.4 目的と構成 / p5
第2章 製造業におけるSQC活用の体系的展開 / p17
 2.1 製造業におけるSQC / p17
 2.2 “SQC推進サイクル”の体系化と推進展開 / p18
 2.3 SQC解析ソフト“TPOS”の開発と活用 / p21
 2.4 製造業におけるSQCの展開と効果 / p25
第3章 SQC活用事例の登録・検索システムの構築と運用 / p33
 3.1 登録・検索システムの構築の経緯 / p33
 3.2 “TSIS-QR”システムの構築 / p35
 3.3 ひと目でわかるSQC活用事例の形態 / p36
 3.4 SQC活用事例の登録・検索の手続き / p37
 3.5 適用例 / p38
 3.6 知的な“TSISネットワークシステム”の構築 / p39
第4章 SQC適用研究と体系的活用 / p47
 4.1 緒言 / p47
 4.2 技術課題解決へのSQC適用研究例 / p47
 4.3 組織的運用論としての協業活動へのSQC活用例 / p53
 4.4 インライン・オンラインシステムへのSQC活用例 / p59
 4.5 結言 / p66
第5章 錯綜した因果関係を解明するためのSQC手法の開発 / p86
 5.1 緒言 / p86
 5.2 変動要因解析のための新変数選択法の提案 / p87
 5.3 新変数選択法“BN法”の妥当性に関する検証 / p98
 5.4 CAEによる新技術解析への多変量解析の用途開発 / p106
 5.5 結言 / p116
第6章 製造業における新しいSQCの方法論の提案と体系化 / p147
 6.1 緒言 / p147
 6.2 “サイエンスSQC”の提案と実証 / p147
 6.3 SQC活用の統合ネットワーク“TTlS”による体系化 / p157
 6.4 “マネジメントSQC”の提案と体系的活用の実証 / p158
 6.5 結言 / p167
第7章 結論 / p185
謝辞 / p191
引用論文 / p192
主論文と引用論文との対応 / p195
SelfDOI
language
jpn
nii type
Thesis or Dissertation
HU type
Doctoral Theses
DCMI type
text
format
application/pdf
text version
ETD
rights
Copyright(c) by Author
relation references
1. 天坂格郎, 大海博吉, 村井文雄, "自動車足廻り部品の塗装耐蝕性-協業によるQCD研究活動-", 塗装工学, Vol.25, No.6, pp.230-240, (1990).
2. 天坂格郎, 東秀和, "トヨタにおけるSQC教育の実践-人材育成と実務成果を高めるために-", 日本品質管理学会論文誌, 品質, Vol.21, No.1, pp.18-25, (1991).
3. 高岡俊文, 天坂格郎, "燃費改善要因の解析", 日本品質管理学会論文誌, 品質, Vol.21, No.1, pp.64-69, (1991).
4. 天坂格郎, 牧喜代司, "トヨタにおけるSQC解析ソフトの活用", 日本品質管理学会論文誌, 品質, Vol.22, No.2, pp.79-85, (1992).
5. 楠根浩二, 鈴木裕, 西村信吾, 天坂格郎, "大きな曲率を有するプレス部品の全体曲率スプリングバックの解析", 日本品質管理学会論文誌, 品質, Vol.22, No.4, pp.24-30, (1992).
6. 天坂格郎, 三谷祐史, 塚本独, "SQCを活用したメッキ部品の防錆品質保証の研究-ロッドピストンのセンタレス研削面粗度の改善-", 日本品質管理学会論文誌, 品質, Vol.23, No.2, pp.90-98, (1993).
7. 天坂格郎, "トヨタにおけるSQCの展開と効果", 日本品質管理学会論文誌, 品質, Vol.23, No.4, pp.47-58, (1993).
8. 天坂格郎, 大岩洋之, 神尾信, "多重共線性の影響と新変数選択法の提案-変動要因解析のための重回帰分析法に関する研究-", 日本経営工学会論文誌, Vol.46, No.6, pp.573-584, (1996).
9. 天坂格郎, 大岩洋之, 神尾信, "BN選択法の妥当性に関する一考察-変動要因解析のための重回帰分析法に関する研究-(第2報)", 日本経営工学会論文誌, Vol.47, No.4, pp.248-256, (1996).
10. 天坂格郎, 中矢裕之, 織田和典, 大橋徹也, 尾崎俊治, "自動車の揚力特性推定に関する一考察-ニューラルネットワークと多変量解析の併用-", システム制御情報学会論文誌, Vol.9, No.5, pp.227-235, (1996).
11. K. Amasaka and H. Sakai, "Improving the Reliability of Body Assembly Line Equipment", International Journal of Reliability, Quality and Safety Engineering, Vol.3, No.1, pp.11-24, (1996).
12. K. Amasaka, "A Construction of SQC Intelligence System for Quick Registration and Retrieval Library — A Visualized SQC Report for Technical Wealth —", Stochastic Modelling in Innovative Manufacturing, Springer Lecture Notes in Economics and Mathematical Systems, Vol.445, pp.318-336, Springer-Verlag, Berlin, (1997).
13. K. Amasaka and M.Ihara, "Latent Structure of Goodness-of-Invention", Stochastic Modelling in Innovative Manufacturing, Springer Lecture Notes in Economics and Mathematical Systems, Vol.445, pp.348-353, Springer-Verlag, Berlin, (1997).
14. M. Ihara and K. Amasaka, "Factor Analysis for Selected Observations", Stochastic Modelling in Innovative Manufacturing, Springer Lecture Notes in Economics and Mathematical Systems, Vol.445, pp.354-36l, Springer-Verlag, Berlin, (1997).
15. K. Amasaka, "Application of Classification and Related Methods to the SQC Renaissance in Toyota Motor"
Proceedings on The Fifth Conference of the International Federation of Classification Societies, Vol.2, pp.21-24, (March 29, 1996).
16. K. Amasaka, "A Demonstrative Study of a New SQC Concept and Procedure in the Manufacturing Industry — Establishment of a New Technical Method for Conducting Scientific SQC —"
Proceedings on The Second Australia-Japan Workshop on Stochastic Models in Engineering, Technology and Management, pp.1-14, Gold Coast, Australia, (July 18,1996).
17. K. Amasaka, T. Kosugi and T. Ohashi, "The Promotion of Science SQC in Toyota — A Demonstrative Study of a New SQC Concept and Procedure in the Manufacturing Industry —"
Proceedings on The International Conference on Quality, Quality-key for The 21st Century, pp.565-570, Yokohama, Japan, (October 16, 1996).
relation references URL
http://dx.doi.org/10.1142/S021853939600003X
grantid
乙第2933号
degreeGrantor
広島大学(Hiroshima University)
degreename Ja
博士(工学)
degreename En
Engineering
degreelevel
doctoral
date of granted
1997-02-13
department
Graduate School of Engineering