ID 31821
file
title alternative
Effect of Matrix Strength on the Strength and Its Scatter of Unidirectional Fiber Reinforced Metals
creator
Lu, Yun
NDC
Technology. Engineering
contents
目次 / p1
第1章 緒論 / p1
 第1.1節 はじめに / p1
 第1.2節 従来の研究 / p2
  1.2.1 FRMの強度に関する従来の研究 / p2
  1.2.2 FRMの強度のばらつきに関する従来の研究 / p5
 第1.3節 本研究の目的 / p6
 第1.4節 本研究の内容 / p6
 第1章参考文献 / p7
第2章 一方向FRMの引張強度とそのばらつきに及ぼす母材の強度の影響(熱処理により母材の強度を変化させた場合) / p10
 第2.1節 はじめに / p10
 第2.2節 試料および実験方法 / p10
  2.2.1 試料 / p10
  2.2.2 熱処理条件 / p13
  2.2.3 FRMおよび抽出繊維の引張試験方法 / p15
  2.2.4 強度とばらつきの評価方法 / p15
  2.2.5 母材の組織観察および硬度測定 / p19
 第2.3節 実験結果 / p19
  2.3.1 FRMの強度とそのばらつき / p19
  2.3.2 抽出繊維の強度とそのばらつき / p24
  2.3.3 母材の顕微鏡組織と硬度 / p26
  2.3.4 熱処理による母材の残留応力 / p29
 第2.4節 考察 / p36
  2.4.1 母材強度の役割 / p36
  2.4.2 強度のばらつきをもたらす要因 / p41
 第2.5節 母材に埋め込まれた状態での繊維強度を考慮したFRMの強度の計算式の提案 / p42
  2.5.1 母材に埋め込まれた状態での繊維強度を考慮した複合則の修正式 / p42
  2.5.2 修正した複合則の適用 / p46
 第2.6節 まとめ / p47
 第2章参考文献 / p50
第3章 一方向FRMの引張強度とそのばらつきに及ぼす母材の強度の影響(高温加熱により母材の強度を変化させた場合) / p54
 第3.1節 はじめに / p54
 第3.2節 試料および実験方法 / p54
  3.2.1 FRMの高温引張試験 / p54
  3.2.2 抽出繊維の引張試験 / p55
  3.2.3 純Alの高温引張試験 / p55
 第3.3節 実験結果 / p58
  3.3.1 FRMの高温強度とそのばらつき / p58
  3.3.2 抽出繊維の強度とそのばらつき / p58
  3.3.3 純Alの高温強度 / p64
 第3.4節 考察 / p66
  3.4.1 修正した複合則の適用 / p66
  3.4.2 熱処理を受けたFRMの強度およびばらつきとの比較 / p66
 第3.5節 まとめ / p69
 第3章参考文献 / p70
第4章 弾塑性有限要素法を用いたモンテカルロ・シミュレーションによる一方向FRMの引張強度とそのばらつきに及ぼす母材の強度特性の影響の検討 / p71
 第4.1節 はじめに / p71
 第4.2節 シミュレーションのモデルおよび手法 / p71
  4.2.1 有限要素モデルと要素分割 / p71
  4.2.2 シミュレーションの手順 / p73
  4.2.3 シミュレーションに用いたFRMの材料定数 / p77
 第4.3節 一方向FRMの強度とそのばらつきに及ぼす母材の強度特性の影響 / p78
  4.3.1 シミュレーションの結果 / p78
  4-3-2 複合則、修正した複合則および実験結果との比較 / p80
 第4.4節 母材の強度特性を変化させたときのFRMの破壊過程と強度およびばらつきとの相関 / p85
  4.4.1 シミュレーションの結果 / p85
  4.4.2 FRMの強度とそのばらつきに及ぼす破壊過程の影響についての考察 / p88
 第4.5節 母材の強度特性を変化させたときの破断した繊維の近傍の応力分布からの考察 / p90
  4.5.1 応力分布の計算手法 / p90
  4.5.2 繊維の耐荷能力およびFRMの破壊過程と応力分布との関係 / p90
  4.5.3 FRMの強度のばらつきと応力集中の範囲 / p98
 第4.6節 まとめ / p98
 第4章参考文献 / p100
第5章 総括 / p101
付録 1~4 / p105
公表論文 / p115
謝辞 / p117
SelfDOI
language
jpn
nii type
Thesis or Dissertation
HU type
Doctoral Theses
DCMI type
text
format
application/pdf
text version
ETD
rights
Copyright(c) by Author
relation references
1. Hidiharu FUKUNAGA, Yun LU and Jin PAN. Effect of Matrix Properties on Statistical Strength and Distribution of SiC/Al Alloy Composite Wires. Proceeding of C-MRS'90, BeiJing China, June 18-22, 1990, P.181-186.
2. Yun LU and Hideharu FUKUNAGA. X-ray Residual Stress Analysis of Heat-Treated SiC/Al-Alloy Composite Wires. Proceeding of ICRS-3(The Third Internaional Conference on Residual Stress), Tokushima Japan, July 24-26, 1991, P.40-45(Residual Stress III).
3. Hidiharu FUKUNAGA and Yun LU. Effect of Matrix Strength on Statistical Strength of SiC/Al Alloy Composite Wires. Proceeding of RASELM'91(International Conferance on Recent Advances in Science and Engineering of Light Metals), Sendai Japan, October 14-16, 1991, P.495-500.
4. 福永秀春、合田公一、魯云. Sic/Al合金プリフォームワイヤの強度とそのばらつきに及ぼす熱処理の影響. 日本機械学会論文集(A編)、Vol.57(1991),No.535,P.64-69.
5. Hideharu FUKUNAGA and Yun LU. Contribution of Matrix Strength to Tensile Strength of Fiber Reinforced Metals. Proceeding of APCS-91(Fourth Conference of Asian-Pacific Congress on Strength Evalution), Beijing China, October 8-10, 1991, Vol.1, P.232-237.
6. 合田公一、魯云、福永秀春. モンテカルロ・シミュレーションによる一方向FRMの引張強度の評価(有限要素法の適用). 日本機械学会論文集(A編)、Vol.57(1991), No543, P.2708-2714.
7.福永秀春、魯云. マトリックスに埋め込まれた状態での繊維強度を考慮したSic/Al合金複合材料の引張強度. 日本機械学会論文集(A編)、Vol.57(1991), No544, P.3023-3028.
8. 福永秀春、魯云、濱田純一. 繰返し負荷を与えたSiC/Al合金コンポジットワイヤの残留強度とそのばらつき. 日本複合材料学会誌、Vol.19(1993), No.1, P.15-19.
relation references URL
http://dx.doi.org/10.1299/kikaia.57.536
http://dx.doi.org/10.1299/kikaia.57.2708
http://dx.doi.org/10.1299/kikaia.57.3023
http://joi.jlc.jst.go.jp/JST.Journalarchive/jscm1975/19.15
grantid
甲第1100号
degreeGrantor
広島大学(Hiroshima University)
degreename Ja
博士(工学)
degreename En
Engineering
degreelevel
doctoral
date of granted
1993-03-15
department
Graduate School of Engineering