ID 31892
file
creator
Yanagihara, Daisuke
NDC
Maritime engineering
contents
目次 / p1
第1章 緒論 / p1
 1.1 緒言 / p1
 1.2 研究の沿革 / p3
 1.3 本論文の目的と構成 / p6
第2章 防撓パネルの圧壊挙動の解析理論 / p8
 2.1 緒言 / p8
 2.2 解析的手法による防撓パネルの弾性大たわみ解析 / p8
 2.3 有限要素法による弾塑性大たわみ解析の基礎式 / p12
 2.4 結論 / p14
第3章 薄板防撓パネルの圧壊挙動 / p15
 3.1 緒言 / p15
 3.2 解析対象 / p15
 3.3 弾性座屈強度 / p22
 3.4 圧壊挙動 / p25
 3.5 初期たわみの影響 / p35
 3.6 アスペクト比の影響 / p43
 3.7 溶接残留応力の影響 / p43
 3.8 結言 / p44
第4章 厚板防撓パネルの圧壊挙動 / p46
 4.1 緒言 / p46
 4.2 解析対象 / p46
 4.4 防撓材の初期変形の影響 / p58
 4.5 パネルアスペクト比の影響 / p60
 4.6 防撓材のh/twの限界値 / p61
 4.7 結言 / p62
第5章 防撓パネルの最終強度推定式 / p63
 5.1 緒言 / p63
 5.2 DNVの防撓パネルの最終強度推定式 / p65
 5.3 ダブルスパンモデルに基づく最終強度推定式 / p70
 5.4 結言 / p77
第6章 座屈および圧壊挙動を考慮した防撓パネルの最適設計 / p79
 6.1 緒言 / p79
 6.2 弾性大たわみ挙動の感度解析および再解析 / p80
 6.3 初期降伏とたわみ制約を考慮した防撓パネルの最適設計 / p87
 6.4 最終強度を考慮した防撓パネルの最適設計 / p97
 6.5 結論 / p106
第7章 総括 / p108
謝辞 / p112
参考文献 / p113
本論文に関連した発表論文 / p118
AppendixA 弾性大たわみ解析基礎式における諸係数 / p119
AppendixB 初期たわみの簡易推定式 / p122
AppendixC FEM解析とダブルスパンモデルの適用性の検証 / p124
 C.1 FEM解析の適用性の検証 / p124
 C.2 ダブルスパンモデルの適用性の検証 / p127
AppendixD 残留応力を考慮した防撓パネルの最適化 / p129
SelfDOI
language
jpn
nii type
Thesis or Dissertation
HU type
Doctoral Theses
DCMI type
text
format
application/pdf
text version
ETD
rights
Copyright(c) by Author
relation references
[1] 藤久保昌彦, 柳原大輔, 矢尾哲也: "後座屈挙動を考慮した防撓パネルの最適設計に関する研究", 関西造船協会誌, 第219号, (1993), pp.123-133.
[2] 矢尾哲也, 藤久保昌彦, 谷口浩一, 柳原大輔: "幾何学的非線形構造応答の感度解析および再解析", 西部造船会会報, 第88号, (1994), pp.157-167.
[3] Fujikubo, M., Yao, T., Yaiiagiliara, D., and Balu Vargese: "Optimal Design of Stiffened Panel Considering Post-Buckling Behavior", Proc. Int. Conf. for New Ship Technology into 21st Century, Shanghai, China, (1994), pp.291-298.
[4] 矢尾哲也, 藤久保昌彦, 柳原大輔, 大野禎久: "防撓パネルの圧壊挙動に関する研究(第1報)", 日本造船学会論文集, 第178号, (1995), pp.451-462.
[5] 矢尾哲也, 藤久保昌彦, 柳原大輔: "面内圧縮荷重を受ける連続防撓パネルの座屈・塑性崩壊挙動に関する研究", 西部造船会会報, 第92号, (1996), pp.263-274.
[6] 矢尾哲也, 藤久保昌彦, 柳原大輔, 久間康充: "防撓パネルの圧壊挙動に関する研究(第2報)", 日本造船学会論文集, 第180号, (1996), pp.435-446.
relation references URL
http://ci.nii.ac.jp/naid/110003871963
http://ci.nii.ac.jp/naid/110007627563
http://dx.doi.org/10.2534/jjasnaoe1968.1995.178_451
http://ci.nii.ac.jp/naid/110007627657
http://dx.doi.org/10.2534/jjasnaoe1968.1996.180_435
grantid
甲第1678号
degreeGrantor
広島大学(Hiroshima University)
degreename Ja
博士(工学)
degreename En
Engineering
degreelevel
doctoral
date of granted
1997-03-25
department
Graduate School of Engineering