ID 31916
file
creator
Anbutsu, Hisashi
NDC
Zoology
contents
目次
第1章 序論 / p1
第2章 マツノマダラカミキリの産卵痕の空間分布とその時間的変化 / p4
 1.野外における産卵痕の空間分布とその時間的変化 / p5
 2.室内における産卵痕の空間分布とその時間的変化 / p12
第3章 マツノマダラカミキリの産卵生態 / p20
 1.産卵痕,卵および幼虫が存在する産卵資源に対する産卵反応 / p21
 2.卵を含む産卵痕に対する産卵反応 / p25
 3.連続して形成された産卵痕の時間的・空間的間隔 / p35
第4章 マツノマダラカミキリ雌成虫が産卵資源内の子孫を認識する機構 / p45
 1.雌成虫由来の物質が産卵痕内の卵の有無の認識に果たす役割 / p45
 2.幼虫のフラスからの抽出物が産卵場所選好に及ぼす影響 / p52
 3.マツノマダラカミキリ雌成虫の小腮鬚と下骨鬚の感覚子 / p57
第5章 産卵の時間的差異と空間的距離が子の適応度成分に及ぼす影響 / p61
 1.同一の産卵痕を利用して産みつけられた2卵の位置と孵化時期がその後の生存率と成長に及ぼす影響 / p61
 2.孵化の時間的差異と孵化幼虫間の距離が幼虫初期の生存,発育および成長に及ぼす影響 / p72
第6章 総合考察 / p83
謝辞 / p89
要約 / p90
引用文献 / p98
図表
SelfDOI
language
jpn
nii type
Thesis or Dissertation
HU type
Doctoral Theses
DCMI type
text
format
application/pdf
text version
ETD
rights
Copyright(c) by Author
grantid
甲第1865号
degreeGrantor
広島大学(Hiroshima University)
degreename Ja
博士(学術)
degreename En
Science
degreelevel
doctoral
date of granted
1998-03-25
department
Graduate School of Biosphere Science