ID 31893
file
creator
Iyoda, Sunao
NDC
Biology
contents
目次 / p1
略号 / p5
要旨 / p6
序論 / p1
材料と方法 / p6
 1.試薬と培地 / p6
 2.菌株、プラスミド及びファージ / p6
 3.DNA操作法 / p7
 4.β-ガラクトシダーゼ活性の測定 / p14
 5.SDS-PAGE / p14
 6.ウエスタンブロッティング / p15
 7.in vitroにおけるFliA-FlgM蛋白質間相互作用の解析 / p16
 8.FlgMの細胞外輸送の解析 / p17
 9.蛋白質の精製 / p17
 10.in vitro転写再構成系 / p18
 11.FliAの精製と活性測定 / p19
 12.FlhD/FlhCの精製と活性測定 / p20
 13.転写開始点の同定 / p22
 結果 / p24
第1章.FliAとFlgMの機能構造 / p24
 1.FlgMタイトレーション法によるFliAのFlgM結合ドメインの解析 / p24
 2.FliA阻害検定によるFlgMのFliA結合ドメインの解析 / p29
 3.化学架橋による解析 / p32
 4.FlgMの細胞外輸送ドメインの解析 / p33
第2章.クラス2オペロンのFliA-FlgM制御 / p35
 1.flgAオペロンのin vitro転写系 / p35
 2.fliAオペロンのin vitro転写系 / p36
 3.fliAオペロンのin vivo における転写調節機構 / p37
第3章.クラス1オペロンのFliA-FlgM制御 / p38
 1.プライマー伸長法による解析 / p38
 2.in vitro転写系における解析 / p40
考察 / p41
 1.FliAとFlgMの機能構造 / p41
 2.クラス1とクラス2オペロンのFliA制御 / p46
 3.クラス1オペロンのグローバル制御 / p49
参考文献 / p51
表 / p56
図 / p67
謝辞 / p80
SelfDOI
language
jpn
nii type
Thesis or Dissertation
HU type
Doctoral Theses
DCMI type
text
format
application/pdf
text version
ETD
rights
Copyright(c) by Author
grantid
甲第1696号
degreeGrantor
広島大学(Hiroshima University)
degreename Ja
博士(学術)
degreename En
Science
degreelevel
doctoral
date of granted
1997-03-25
department
Graduate School of Biosphere Science