このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 49296
file
creator
abstract
学習指導要領の改定を受け,中学校の教育現場ではこれまで以上に発信力を育成する指導が求められている。有効な指導法の1つにタスクベースの英語指導がある。言語習得の教授法として非常に有効な手段と考えられているが,実践するにあたりいくつかの問題点を抱えている。本稿では問題点の1つであるタスク作成にかかる時間的問題を解決する1つの方法を提案する。
journal title
中等教育研究紀要 /広島大学附属福山中・高等学校
volume
Volume 60
start page
196
end page
201
date of issued
2020-03-31
publisher
広島大学附属福山中・高等学校
issn
0916-7919
ncid
language
jpn
nii type
Departmental Bulletin Paper
HU type
Departmental Bulletin Papers
DCMI type
text
format
application/pdf
text version
publisher
department
Attached Schools
他の一覧