このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 28893
file
title alternative
インドネシア, スラウェシ島, Tambusisiに産するDelias benasu Martinの1新亜種
creator
Yamauchi, Takeo
Yata, Osamu
Peggie, Djunijanti
subject
Pieridae
Delias benasu
new subspecies
male genitalia
Mt Tambusisi
Sulawesi
NDC
Zoology
abstract
Delias benasu Martinの1新亜種をインドネシアのスラウェシ島北東部, Tambusisi山から記載した. Delias benasuはDelias属の中でも非常に特徴的な斑紋をもつ種であり, Talbot(1937)によってDelias属belladonna groupに含められていたが, 森下(1981)による雄交尾器と発香鱗の調査の結果pasithoe groupに所属を移された. 本種はスラウェシ島中央部の山地帯(標高約1,000-1,500m)からのみ知られていたが, 今回新たに記載した亜種はスラウェシ島南東部のTambusisi山(標高2,422m)から発見された. Tambusisi山は原名亜種が分布するスラウェシ島中央部の山地帯からやや孤立している.

本亜種は, 雄の翅表がいっそう青みを帯びる, 表面後翅外半の斑列が幅広い, 裏面前翅翅頂付近に明瞭な黄色斑が現れる, 雌前翅の帯が白い, 雌雄とも裏面後翅外半の斑列が明瞭で幅広い, などの特徴により原名亜種から識別可能である. なお, 本種にはこれまで他に亜種は認められていなかった.

Delias benasuは雄交尾器形態(特にウンクスとファルス)の変異の幅が大きいようであるが, 本亜種の雄交尾器も種内変異の幅に含まれた.
abstract
A new subspecies of Delias benasu is described from Mt Tambusisi, northeastern Sulawesi, Indonesia. This subspecies is distinguished from the nominotypical subsp. benasu from central Sulawesi by the bluish upperside ground colour, much broadened submarginal spots on hindwing, and distinctly yellowish subapical area of forewing underside in the males.
journal title
蝶と蛾 : Transactions of the Lepidopterological Society of Japan
volume
Volume 54
issue
Issue 2
start page
69
end page
72
date of issued
2003-03-30
publisher
日本鱗翅学会
issn
0024-0974
ncid
language
eng
nii type
Journal Article
HU type
Journal Articles
DCMI type
text
format
application/pdf
text version
publisher
department
Hiroshima University Museum