このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 22850
file
creator
Ishizaki, Masakatsu
Tagami, Masaharu
Kumaki, Takeshi
Mattausch, Hans Juergen
行天 隆幸
野田 英行
堂阪 勝己
有本 和民
齊藤 和則
subject
SIMD
AES
CAM
マルチメディア
暗号化
復号化
NDC
Electrical engineering
abstract
近年,デジタルカメラや携帯電話などの普及にともない,取り扱うデータ量が肥大化すると同時に新たな規格が次々と出現している.これらに対応するために我々は,超並列SIMDプロセッサの開発を行ってきた.超並列SIMDプロセッサは大量のデータに対し同様の演算を繰り返し処理するマルチメディアアプリケーションに特化させた構造となっている.また,逐次処理にも適用できるようにCAMを付加し,JPEGにおいては従来のDSPと比較し,約7.1倍の処理性能が確認できている. 本稿ではCAMを付加した超並列SIMDプロセッサによって近年注目されている暗号化アルゴリズムであるAESを暗号化,復号化する方法の提案を行い,シミュレーションによる評価を行った.その結果スループットは81.92 Mbps となり,Pentium4と比較して,周波数あたりのスループットが約11倍という結果が得られた.
journal title
電気・情報関連学会中国支部連合大会講演論文集
volume
Volume 58
start page
95
end page
96
date of issued
2007-10
publisher
電気・情報関連学会中国支部
ncid
language
jpn
nii type
Conference Paper
HU type
Conference Papers
DCMI type
text
format
application/pdf
text version
publisher
rights
Copyright (c) 2007 by Authors
department
Research Center for Nanodevices and Systems