このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 266
file
title alternative
How accurately does a Japanese version of a Can-do Scale measure Japanese language ability?
creator
Tamaoka, Katsuo
Matsushita, Tatsuhiko
Motoda, Shizuka
subject
日本語版Can-do Scale
日本語能力の測定
自己評価
質問紙法
信頼性と妥当性
Japanese version of Can-do Scale
measuring Japanese language ability
self-assessment
questionnaire methods
reliability and validity
NDC
Education
English
abstract
日本語版Can-do Scaleが,どれくらい正確に外国人日本語学習者の日本語能力を測定しうるかを検討した。その結果,「聞く」「話す」「読む」「書く」の4技能からなる20項目の質問すべてについて,項目間に有意な相関が得られた。また,クロンバックのアルファ係数も極めて高い数値であった。しかし,因子分析の結果,「聞く」「話す」「書く」の群と「読む」の群の2つの因子にしか分けられないことがわかった。また、日本語能力テストの得点と日本語版Can-do Scaleで測定した4技能の間には、有意な相関はみられなかった。さらに,4技能から日本語能力を予測する重回帰分析を行ったが、どの技能も日本語能力を予測する有意な変数ではなかった。つまり,自己評価型の質問紙は,日本語の能力を予測できないという結果であった。これは個人の社会・文化的背景,言語不安や性格要因などから,自己の言語能力を過大あるいは過小に自己評価してしまうためであると考えられよう。
journal title
Journal of International education, International Student Center, Hiroshima University
issue
Issue 9
start page
65
end page
78
date of issued
2005-03-31
publisher
広島大学留学生センター
issn
1342-8934
ncid
language
jpn
nii type
Departmental Bulletin Paper
HU type
Departmental Bulletin Papers
DCMI type
text
format
application/pdf
text version
publisher
department
International Student Center
他の一覧