このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 31450
file
title alternative
フォン=フンボルトの大学は今どこにあるか?
creator
Morgan, Keith J.
NDC
Education
abstract
ヴィルヘルム・フォン=フンボルトの指導の下で創設されたベルリン大学は, 現代大学にとってのモデルとして広く認知されている。それは, 知識と教育の結合, 真実の追求, 外部支配からの学問の自由といった20世紀の大学像にも適合する18世紀啓蒙思想の基本原則がフンボルトの構想に組み入れられていたことが理由の一つである。とは言え, その影響が早々と広まったのは, 当時優勢であったプロイセンでの立地や時宜を得た大学における研究の制度化といったベルリン大学の創設を取り巻く諸事情の方が要因としては大きい。その後の科学や学問の発展並びにその研究倫理により, ドイツ諸大学は, 19世紀において国際的名声を勝ち得ることとなった。そして19世紀末には, その影響は日本や英国, 米国にまで及んだ。

しかしながら, こうしたドイツ諸大学の発展は, 大凡フンボルトに直接に起因するものではない。と言うのは, フンボルトの大学に関する著書が19世紀末まで発見されておらず, また, ドイツにおける彼の基本原理の影響力はそれほど大きくなかったからである。20世紀においても, 大学院や研究大学でこれらの原理が存続している証拠が随所で見られる一方で, 知的・社会的エリート供給のためのものであった高等教育の拡大が当該原理の根幹をも揺るがしたことは事実である。その一方で, 大学教授職にとっては, 外からの圧力, 要求, 統制の拡大にもかかわらず, これらの原理は従前通り, その主たる職務である教育と研究にとって不可欠なものとして受け止められている。
journal title
Daigaku ronshu: Research in higher education
issue
Issue 42
start page
325
end page
344
date of issued
2011-03
publisher
広島大学高等教育研究開発センター
issn
0302-0142
ncid
SelfDOI
language
eng
nii type
Departmental Bulletin Paper
HU type
Departmental Bulletin Papers
DCMI type
text
format
application/pdf
text version
publisher
rights
Copyright (c) 2011 Author(s)
department
Research Institute for Higher Education
他の一覧