このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 47311
file
title alternative
Changing Spatial Patterns of Inter-state Migration in India: An Analysis of the 1991 and 2001 Census Data <Research Note>
creator
Katsumata, Yutaro
subject
州間人口移動
空間的特性
因子分析
人口移動圏
大都市
インド
inter-state migration
spatial pattern
metropolitan areas
factor analysis
India
abstract
本稿は,経済自由化以降の経済成長の中で,インドの州間人口移動にいかなる空間的特性がみられたのかを明らかにした。人口実移動の分析からは,西部のマハーラーシュトラとグジャラート,北部のデリーおよび近隣諸州,南部のタミル・ナードゥとカルナータカ,東部の西ベンガル,北東部のアッサムを中心とした人口移動圏が抽出された。マハーラーシュトラ,グジャラート,カルナータカの移動圏の拡張が確認された一方,タミル・ナードゥ,西ベンガル,アッサムの移動圏の縮小が進んでいた。デリーおよび近隣諸州は,依然1つの移動圏として捉えられるが,2001年には共通の流入州が減少した。ウッタル・プラデーシュとビハールは,人口流出地域としての性格を強めていた。
人口移動圏の流入州は経済発展の度合いによって,就業機会の増加にばらつきがみられた。西部のマハーラーシュトラとグジャラート,南部のカルナータカは就業機会の増加が激しいため,移動圏の拡張が実現できたと考えられる。一方,タミル・ナードゥ,西ベンガル,アッサムは就業機会の増加が停滞しているため,その勢力圏がより近隣州に縮小した。北部のデリー,パンジャーブ,ハリヤーナーは就業機会の増加がみられたが,一部の州は社会的な要因による近隣州への移動も顕著となっている。
abstract
The paper aims to clarify the spatial patterns of inter-state migration in India, which has been under rapid economic development since 1991. To approach the issue, we employed the migration series data from two recent censuses in India for a factor analysis. The data was expressed in the form of a 31 × 31 matrix in 1991 and a 35 × 35 matrix in 2001, depicting the origin–destination migration.
Through analyzing the origin–destination migration matrix, we identified the following seven main regions or states: Maharashtra; Gujarat; Delhi and its neighboring states; Tamil Nadu; Karnataka; West Bengal; and Assam. In 2001, the regions of Maharashtra, Gujarat, and Karnataka successfully increased the number of their in-migration states due to the rapid increase of job opportunities for males since 1990s. On the other hand, the regions of West Bengal, Assam, and Tamil Nadu had already experienced a decrease in the number of their in-migration states mainly because of stagnant economic development. Delhi and its neighboring states were still considered a region in 2001. However, Delhi, Haryana, and Punjab have begun demonstrating unique features of migration flows, and this weakens the explanatory power to consider them as a single unit. Uttar Pradesh and Bihar, which have high population densities, were still playing crucial roles in providing migrants for the regions located in the western and northern parts of India.
description
本稿は、人間文化研究機構基幹研究プロジェクト「南アジア地域研究」の成果であり、広島大学現代インド研究センター2018年度第2回研究集会にて発表した内容に加筆修正したものである。
journal title
Journal of contemporary India studies : space and society, Hiroshima University
issue
Issue 9
start page
29
end page
45
date of issued
2019-03
publisher
広島大学現代インド研究センター
issn
2185-8721
ncid
language
jpn
nii type
Departmental Bulletin Paper
HU type
Departmental Bulletin Papers
DCMI type
text
format
application/pdf
text version
publisher
rights
Copyright (c) 2019 広島大学現代インド研究センター
department
The Center for Contemporary India Studies at Hiroshima University
他の一覧