このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 45578
file
title alternative
The Political Processes of the Formulation and Implementation of India’s Forest Rights Act of 2006 <Research Note>
creator
Ota, Masahiko
subject
指定部族 森林居住者
草の根運動
林野行政
政策実施
Scheduled Tribes/forest dwellers
grassroots protests
forest administration
policy implementation
NDC
Political science
Law
abstract
インドでは,2006年に「森林権法(Forest Rights Act)」が制定された。本法は,森林に居住する指定部族およびその他の森林居住者の林地における森林権および占有を承認し,付与するものである。本稿では,森林権法に関する体系的な情報を提供すること,そして,本法の成立と実施における政治過程を概観し,インドの森林セクターや指定部族の権利問題をめぐる現代的動向を把握することを目的とした。2002年に,国有林地からの「不法占拠者」の立ち退きが林野行政により実施され,これに対し,複数の指定部族団体によるネットワーク型の草の根の抗議活動が起り,指定部族らの森林権の正式な承認のための立法へと繋がった。しかし,森林権の承認は,州により差があるものの,必ずしも順調に進んでいない。既往文献では,実施レベルでの,林野行政の「抵抗」という阻害要因が指摘されている。森林権法の事例は,ローカルレベルでの資源や土地権を求める運動が,国や地域の政治過程と結合し,既存の制度の抜本的な変化に繋がり得ること,また,同時に,法律の制定のみで,森林セクターの民主化や指定部族らの権利が保証されるものではなく,実施が実態を伴うことが重要であることを示している。
abstract
In India, “The Scheduled Tribes and Other Traditional Forest Dwellers (Recognition of Forest Rights) Act” was enacted in 2006. The Act recognizes and vests forest rights and forestland occupations of forest-dwelling Scheduled Tribes and other traditional forest dwellers. The present study provides comprehensive information related to the Act and considers the contemporary situation of the forest and tribal sectors in India by exploring the political processes of the formulation and implementation of the Act. This legislation was a result of grassroots protest movements by tribal organizations against the eviction of “encroachers” of forestland enforced in 2002. However, the Act has not been implemented as planned. The forest administration’s resistance or opposition to the implementation of the Act has been indicated in previous literature. The case of the Forest Rights Act infers that local protests or movements for resources or land rights can lead to fundamental changes in the existing institutions or government systems, by being integrated into national and regional political processes. Furthermore, this case indicates that legislation alone may not automatically secure the rights of tribal people or democratization of the forest sector; policy implementation is equally important.
description
本研究は,平成28・29年度科学研究費補助金若手研究(B)「熱帯アジアにおけるフォレスターによる森林政策の現場運用に関する研究」(研究代表者: 大田真彦, 課題番号:16K16240)による研究成果の一部である。
journal title
Journal of contemporary India studies : space and society, Hiroshima University
issue
Issue 8
start page
27
end page
40
date of issued
2018-03
publisher
広島大学現代インド研究センター
issn
2185-8721
ncid
language
jpn
nii type
Departmental Bulletin Paper
HU type
Departmental Bulletin Papers
DCMI type
text
format
application/pdf
text version
publisher
rights
Copyright (c) 2018 広島大学現代インド研究センター
department
The Center for Contemporary India Studies at Hiroshima University
他の一覧