このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 34558
file
title alternative
Development of as horter version of the Japanese version of ATQ-R (Automatic Thoughts Questionnaire-Revised) for nurses: examination of reliability and validity <Original Articles>
creator
Ohue, Takashi
Nakaya, Takashi
subject
看護師
自動思考
ATQ-R短縮版
nurse
automatic thoughts
shorter version of ATQ-R
NDC
Medical sciences
abstract
[目的]:看護師のパーンアウトにおける認知療法の有効性を評価するためには自動思考効果を簡便に測定できる尺度が必要である.本研究の目的は,自動思考効果を測定するAutomatic Thoughts Questionnare-Revised (A TQ-R)の臨床での汎用性を高めるため, ATQ-R邦訳版の短縮版を作成し,その信頼性と妥当性を検討することである.

[方法]:急性期医療を行う5病院に勤務している看護師700名を対象に,自動思考を測定する3因子38項目の ATQ-R邦訳版で測定をした.併せて, ATQ-R邦訳版の短縮版における併存的妥当性を検討するため,日本語版パーンアウト尺度の回答を求めた.

[結果]:有効回答数は,欠損値・外れ値を省いた541名<男性21名,女性520名>であった. ATQ-R短縮版の項目を選定するために, ATQ-R邦訳版の38項目の回答について,項目分析と探索的因子分析を行い, 「将来に対する否定的評価」6項目, 「自己に対する非難」6項目, 「肯定的思考」6項目の3因子からなる18項目を選定した. 3つの因子のそれぞれの項目の内的整合性を表すα係数は0.81-0.91であった.確認的因子分析を行い,適合度は GFI =0 .92,A GFI =0 .90,R MSEA =0 .05,パス係数は0.51-0.84であった. ATQ-R短縮版3因子と日本語版パーンアウト尺度の3因子との問には有意な相聞があった.

[結論]:看護師を対象にしたATQ-R短縮版の信頼性と妥当性が確認された.
journal title
Journal of health sciences, Hiroshima University
volume
Volume 11
issue
Issue 1
start page
20
end page
28
date of issued
2012-12-31
publisher
広島大学保健学出版会
issn
1347-7323
ncid
SelfDOI
language
jpn
nii type
Departmental Bulletin Paper
HU type
Departmental Bulletin Papers
DCMI type
text
format
application/pdf
text version
publisher
rights
Copyright (c) 2012 広島大学保健学出版会
department
Graduate School of Health Science
他の一覧