このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 594
file
title alternative
Expression and Biological Significance of Cancer-related Gene Products in Human Papillary Thyroid Carcinomas
creator
Yamamoto, Toshiharu
subject
甲状腺乳頭癌
リンパ節転移
nm23
cdc25B
E2F-1
NDC
Medical sciences
abstract
ヒト甲状腺乳頭癌の癌関連遺伝子の生物学的意義を知る目的で, 21例のパラフィン標本を用いて, 癌関連遺伝子産物(c-erbB2,EGFR, EGF, TGF-α, p53,p27,c-Met, cyclinD1,cyclinE, cdc25B, E2F-1,CD44,nm23)の発現を免疫組織化学的に検討し, 発現した癌関連遺伝子産物相互の関連性を検討するとともに, 癌関連遺伝子産物の発現と臨床病理学的事項との関連性についても検討を行った。癌関連遺伝子産物の発現で新しい知見としては, cdc25Bの過剰発現は47.6%とほぼ半数に認められ, c-Metの発現は認められず, E2F-1免疫活性陽性例の割合は4.8%と少なかったことがあげられた。癌関連遺伝子産物相互の相関性については, cdc25Bの過剰発現とTGF-αおよびEGFRの発現との間に有意に相関を認め, EGFRの発現はcyclinD1の発現とも有意に相関が認められたことから, 細胞増殖シグナルによりcdc25BとcyclinD1が活性化を受ける可能性があること, 発癌にcdc25BおよびcyclinD1の過剰発現が大切な役割を果たしている可能性があることが示された。臨床病理学的事項との相関性については, nm23蛋白の発現抑制と気管傍リンパ節転移との間に有意な相関が認められ, nm23遺伝子は甲状腺乳頭癌においても転移抑制因子として機能している可能性があることが示された。
abstract
Twenty cases of papillary carcinoma of the thyroid, embedded in paraffin wax, was analyzed immunohistochemically for the expression of c-erbB-2,EGFR, EGF, TGF-α, c-Met, cyclinD1,cyclinE, p53,cdc25B, E2F-1,CD44,nm23 and p27. Significant statistical correlation was observed between reduced nm23 immunoreactivity and paratracheal lymph node metastasis. In addition, overexpression of cdc25B and cyclinD1 was significantly correlated with that of EGFR. These result suggests that the staining intensity of nm23 is associated with metastatic potential inversely in papillary carcinomas of the thyroid. Overexpression of cdc25B and cyclinD1 would be important factor in thyroid carcinogenesis.
journal title
Medical journal of Hiroshima Universtiy
volume
Volume 48
issue
Issue 5
start page
291
end page
303
date of issued
2000-10-28
publisher
広島大学医学出版会
contributor
国立情報学研究所
date of created
2006-03-21
issn
0018-2087
ncid
SelfDOI
language
jpn
nii type
Departmental Bulletin Paper
HU type
Departmental Bulletin Papers
DCMI type
text
format
application/pdf
text version
publisher
department
Graduate School of Biomedical Science
他の一覧