このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 23476
file
Thumnail 39-0696.pdf 290 KB
title alternative
中温性ラン藻Lyngbya sp.108株による水素の生産
creator
Nakatsukasa, Masae
Kuwada, Yoshinori
Murakami, Shin
Ohta, Yoshiyuki
NDC
Fishing industry. Fisheries
abstract
広島県福山市芦田川河口より、54株のラン藻を分離し、その中から水素生産能の高いNo.108株をスクリーニングした。その形状は糸状でヘテロシスト、分岐はない。No.108株の総水素生産量は、1,120mℓ/g(藻体乾燥重量)、最高時の水素生産速度は、250mℓ/g/day(藻体乾燥重量)であった。生育条件を検討した結果、至適温度36℃、至適pH 9.0、至適照度2,000Lux、至適食塩濃度は16‰であった。また、窒素源としてKNO_3が有用であり、鉄の濃度による生習への影響が認められた。以上より、No.108株は、中温性、淡水性、好塩基性藻類であり、中温他のラン藻Lygbya sp.であることが分った。本No.108株は、密閉系で水素生産を行わせているが、現在までに報じられているラン藻による水素生産は、Flush systemによるものが多く密閉系で高い値を示すものは海水他のMiami BG 7しかない。
journal title
Journal of the Faculty of Applied Biological Science, Hiroshima University
volume
Volume 26
issue
Issue 1・2
start page
57
end page
59
date of issued
1987-11
publisher
広島大学生物生産学部
農林水産研究情報センター
issn
0387-7647
ncid
SelfDOI
language
eng
nii type
Departmental Bulletin Paper
HU type
Departmental Bulletin Papers
DCMI type
text
format
application/pdf
text version
publisher
department
Graduate School of Biosphere Science
他の一覧