このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 23477
file
Thumnail 39-0697.pdf 733 KB
title alternative
Immobilization of Nitrosomonas europaea ATCC 25978 onto Ca-Alginate
creator
萩元, 孝子
太田, 欽幸
NDC
Chemistry
abstract
本実験では、固定化硝化細菌によるアンモニア除去に関して検討を行った。その結果を以下に要約する。1)Nitrosomonas europaea ATCC 25978を固定化し、亜硝酸生成に供する担体の選択を行った。寒天、k-カラギーナン、アルギン酸ナトリウム、光硬化樹脂(ENT)、セライト、ゼオライト、ビスキットビーズ、活性炭などの担体の中から、固定化操作の容易さ、固定化条件の穏和さ、および非固定化時と比較した場合の亜硝酸生成盛の増加の割合より、アルギン酸ナトリウムを選択した。2)菌体の固定化および亜硝酸生成反応の至適条件は、初発pH8.0、温度30℃、(NH_4)_2SO_4濃度、1g/ℓであった。また、Mo^6+およびC.S.L.の添加により生育量がそれぞれ65%および85%高くなった。3)固定化菌体は、カラム中で通気培養することにより、13日間連続培養できた。また、培養10日目に初めてアンモニアから亜硝酸へ100%転換した。
abstract
A nitrifing bacterial strain Nitrosomonas europaea ATCC 25978 was succesfully immobilized onto calcium alginate, which was selected as a suitable carrier among many other material tested. The optimal conditions for immobilization were: Na-alginate, 4% (w/v); concentration of CaCl_2, 0.1 M; immobilizing time, 20 min; cell concentration 60 μg/ml, diameter of alginate bead, 5 mm; precultivation time of cells for immobilization, 24-48 hr. Optimal cultivations for the immobilized cells were: ammonium sulfate concentration, 1 g/l; initial pH, 8.0; temperature, 30°C. One mM Mo^6+ and 0.2% C. S. L. accerelated the growth 65 and 85%, respectively. Continuous cultivation was performed for 13 days.
journal title
Journal of the Faculty of Applied Biological Science, Hiroshima University
volume
Volume 26
issue
Issue 1・2
start page
61
end page
67
date of issued
1987-11
publisher
広島大学生物生産学部
農林水産研究情報センター
issn
0387-7647
ncid
SelfDOI
language
jpn
nii type
Departmental Bulletin Paper
HU type
Departmental Bulletin Papers
DCMI type
text
format
application/pdf
text version
publisher
department
Graduate School of Biosphere Science
他の一覧