このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 16626
file
creator
Satoh, Hiroyuki
Tamai, Nobuyuki
subject
turbulent flows
compound open channel
Large Eddy simulation
Smagorinsky model, secondary flow
Reynolds stress
NDC
Construction. Civil engineering
abstract
LBS(Large Eddy Simulation)の基礎的なモデルであるSmagorinskyモデルを用いて片側複断面開水路乱流の解析を行った.断面平均流速と径深により定義されるレイノルズ数は約5,300,格子点数は79*75*220である.平均量と乱流統計量をTominaga&Nezuの実験結果と比較し,ほぼ妥当な続果を得た.また,渦度の輸送方程式の各項を定量的に評価するとともに,運動方程式からレイノルズ応力の効果を算出し,高水敷先端部の二次流の発生機構に関する考察を行った.流れの瞬間像についても検討し,基本的な乱流構造である壁面近傍のストリーク構造が捉えられていることを確認した.また,高水敷先端部からの斜昇流が間欠的に発生し,大きな流速を有することが確かめられた.
journal title
土木学会論文集
volume
Volume 628
issue
Issue II-48
start page
115
end page
130
date of issued
1999-08
publisher
土木学会
issn
0385-5392
ncid
language
jpn
nii type
Journal Article
HU type
Journal Articles
DCMI type
text
format
application/pdf
text version
publisher
rights
Copyright (c) 1999 土木学会
department
Graduate School of Engineering