このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 17744
file
creator
Ono, Ryosuke
NDC
Education
abstract
C.P.E.バッハの「試論」を挙げるまでもなく、18世紀には数々の鍵盤楽器教本が出版された。特に、18世紀後半からの出版数の増加はLISMを参照すれば一目瞭然である。その中でも、本橋ではほとんど知られていないレーラインGeorg Simon Lohleinの鍵盤楽器教本を取り上げその概要を見渡したい。この教本は1765年にライプツィヒで出版され後9回改訂され、100年弱にわたって出版され続けた「ロングセラー」鍵盤楽器教本であった。ロングセラーであったのみならず、「ベストセラー」でもあったことが当時のいくつかの証言が物語っている。大変長きにわたる改訂であり、無論初めの著者は第4版が日の目を見たところで亡くなり、それ以降は別の人物によって改訂作業が進められた。その中には現在日本のピアノ教育を語る上で決して欠かすことにできないチェルニーCarl Czernyの名が登湯する。本稿では紙面が限られているので長きにわたる改訂に着目し、各版の目次やタイトルなど改訂にかかわるごく基本的な資料のプロフィールを提供することを主たる目的とし、その中でも指の機械的な練習にさかれた部分だけを取り出して考察する。その際重要となるのは、「エチュード・練習曲の時代」である。現在日本で用いられるピアノの練習曲は18世紀末のクレメンティを初めとした19世紀に書かれた練習曲である。このエチュード・練習曲は一般に19世紀に入ってから多く書かれた。まさにこのレーラインの教本はエチュードの時代前後を歩んだ教本なのである。そしてレーラインの教本も、「機械的な指使い」の章を中心にエチュードの時代へと流れ込んでいくのである。
journal title
Bulletin of music culture education
issue
Issue 17
start page
103
end page
110
date of issued
2005-03-25
publisher
広島大学教育学部音楽文化教育学講座
国立情報学研究所
issn
1347-0205
ncid
SelfDOI
language
deu
nii type
Departmental Bulletin Paper
HU type
Departmental Bulletin Papers
DCMI type
text
format
application/pdf
text version
publisher
department
Graduate School of Education
他の一覧