このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 14738
file
creator
subject
群書治要
経書
清原教隆
反切
人為的漢音
NDC
Japanese
abstract
日本漢音資料中には、反切・同音字注から作り出された「人為的漢音」が存することが指摘されている。

しかし、そのような資料は、意外と少なく、経書訓点資料である高山寺蔵『論語』鎌倉期点には、「人為的漢音」が無いことがいわれていた。

本稿では、鎌倉時代中期加点の金沢文庫本『群書治要』経部を調査し、以下の点を明らかにした。
1. 日本漢音として一般的ではない「人為的漢音」が存する。
2. 声点による声調標示も、反切・同音字注を反映した部分がある。
3. 声点による濁音標示も、反切・同音字注を反映している。

本稿の検討の結果、経書訓点資料を一律に扱えないことが知られた。今後、各文献の調査を重ね、日本漢字音における反切・同音字注の役割を考察する必要がある。
journal title
国語学
volume
Volume 53
issue
Issue 3
start page
1
end page
14
date of issued
2002-07-01
publisher
武蔵野書院
contributor
国語学会
issn
0491-3337
ncid
language
jpn
nii type
Journal Article
HU type
Journal Articles
DCMI type
text
format
application/pdf
rights
Copyright (c) 2002 by Author
department
Graduate School of Education