このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 45334
file
title alternative
Facilitating the cooperation between universities and regions: Introduction of meta facilitation in the Taoyaka Program at Hiroshima University
creator
subject
フィールドワーク
ファシリテーテーション
地域連携
分野融合型教育
神山町
fieldwork
facilitation
regional cooperation
multi-disciplinary education
Kamiyama town
NDC
Education
abstract
筆者が担当する,広島大学たおやかリーディングプログラムの講義である地域文化創生論では,大学院の分野融合型教育において,学生が地域と向き合い,課題を見出すために必要な対話の手法を学び,実践する試みを行った。講義で導入したのは,国際協力の対人支援から生まれた対話型ファシリテーションである。本稿では,この手法を講義で導入するために行った工夫や学生への教育効果,課題について分析する。そしてこれらの実践を報告することにより,これからの大学に必要なファシリテーション教育に関する資料の蓄積に資することを目的とする。
abstract
The author has given a multidisciplinary class, “Creation of Regional Culture,” as part of the Cultural Creation Course in the Taoyaka Program at Hiroshima University, Japan. In this class, students learn how to communicate with the local people to facilitate cooperation between the university and the region. The author introduced “meta facilitation,” which was created for international cooperation using trial and error. This study discusses how the author introduced this method to students, the effect of the method, and its future possibilities. The study aims to provide an actual record of the facilitation education, which is needed for the cooperation between universities and regions.
description
本研究は,文部科学省博士課程教育リーディングプログラム 広島大学大学院たおやかで平和な共生社会創生プログラムの講義である地域文化創生論の実践にもとづいて行った。
journal title
Bulletin of the Hiroshima University Museum
issue
Issue 9
start page
69
end page
80
date of issued
2017-12-25
publisher
広島大学総合博物館
issn
1884-4243
ncid
language
jpn
nii type
Departmental Bulletin Paper
HU type
Departmental Bulletin Papers
DCMI type
text
format
application/pdf
text version
publisher
rights
Copyright (c) 2017 広島大学総合博物館 Hiroshima University Museum
department
Hiroshima University Museum
Graduate School of Letters
他の一覧