このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 32189
file
title alternative
A Clinical Research on the Effectiveness of an Infant Massage Program in NICU to Improve Mental Status among Preterm Infants' Mothers
creator
Fuse, Kazue
Suzuki, Chieko
Hirata, Takako
Okajima, Yuki
Hatakeyama, Mayuko
subject
早産児
母親
タッチケア
NICU
母子相互作用
NDC
Medical sciences
abstract
NICU・GCUからの子どもの退院を控えた早産体験をした母親32名を対象としタッチケア介入群(16名)と対照群(16名)に無作為に割り付け介入の効果を比較した。データ収集項目は, Profile of Mood Stateと花沢の対児感情評定尺度で,介入群では介入前後と退院直前の計3回,対照群では初回母子同室時と退院直前の計2回,各尺度の調査を実施した。対児感情評定尺度では両群における有意な差は見られなかったが,退院直前のPOMS得点は緊張-不安,抑うつ,怒り-敵意,疲労,混乱の5つの項目において,介入群は対照群と比較すると有意に低かった。これらの結果からタッチケア指導は早産体験をした母親の心理面によい影響を及ぼすことが示唆された。
journal title
小児保健研究
volume
Volume 70
issue
Issue 6
start page
731
end page
736
date of issued
2011-11-30
publisher
日本小児保健協会
issn
0037-4113
ncid
language
jpn
nii type
Journal Article
HU type
Journal Articles
DCMI type
text
format
application/pdf
text version
publisher
rights
Copyright (c) 2011 日本小児保健協会
department
Graduate School of Health Science