このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 32388
file
title alternative
The relations of social comparison and temporal comparison to English learning in university students
creator
Tokuoka, Masaru
subject
社会的比較
継時的比較
自己効力感
NDC
Psychology
abstract
本研究は,大学生の学業場面における社会的比較と継時的比較の個人差を測定する尺度を作成し,構成概念妥当性,英語の成績や英語の授業に対する自己効力感との関連を検討した。その結果,学業場面における社会的比較は,他者遂行比較,他者思考比較,他者方法比較,他者失敗比較および他者態度比較の5因子構造であった。学業場面における継時的比較は,自己内学習比較と自己内遂行比較の2因子構造であった。学業場面における社会的比較尺度と継時的比較尺度はどちらも一定の構成概念妥当性が認められた。自己効力感の高群と低群で比較した結果,自己効力感の高群では,低群よりも他者遂行比較,他者思考比較,他者失敗比較,他者態度比較および自己内学習比較が有意に多かった。また,英語の成績の高群では,低群よりも他者遂行比較,他者思考比較,他者態度比較,自己内学習比較および自己内遂行比較が有意に多かった。これらの結果から,学業場面における社会的比較と継時的比較の有効性が示唆された。
journal title
Hiroshima Psychological Research
issue
Issue 11
start page
107
end page
116
date of issued
2012-03-31
publisher
広島大学大学院教育学研究科心理学講座
issn
1347-1619
ncid
SelfDOI
language
jpn
nii type
Departmental Bulletin Paper
HU type
Departmental Bulletin Papers
DCMI type
text
format
application/pdf
text version
publisher
department
Graduate School of Education
他の一覧