このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 26789
file
HPR_8_67.pdf 1000 KB
title alternative
The relationship between career awareness and communication contents with family or friends of junior high school students
creator
Niimi, Naoko
subject
キャリア意識
コミュニケーション内容
家族
友人
中学生
NDC
Psychology
abstract
本研究では中学生を対象に, 家族や友人とのコミュニケーション内容とキャリア意識4領域(人間関係形成, 情報活用, 将来設計, 意思決定)との関連について群間比較を通して検討した。その結果, 次の2点が明らかになった。①学校や進路に関する話を家族とする生徒ほど, 4領域のキャリア意識が高い。②学校や進路に関する話を友人とする生徒ほど, 人間関係形成, 情報活用, 意思決定のキャリア意識が高い。これらの結果は, 家族や友人とのコミュニケーションが職業選択の基盤となる能力・態度・知識等の自己評価, すなわちキャリア意識の発達に寄与する可能性を示唆する。
journal title
Hiroshima Psychological Research
issue
Issue 8
start page
67
end page
75
date of issued
2009-03-31
publisher
広島大学大学院教育学研究科心理学講座
issn
1347-1619
ncid
SelfDOI
language
jpn
nii type
Departmental Bulletin Paper
HU type
Departmental Bulletin Papers
DCMI type
text
format
application/pdf
text version
publisher
department
Graduate School of Education
他の一覧