このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 31311
file
title alternative
Career awareness and self-perceptions of social adjustment in primary school children
creator
Tokuoka, Masaru
Yamagata, Mao
Tanno, Syota
Niimi, Naoko
subject
キャリア意識
適応感
小学生
NDC
Psychology
abstract
本研究では, 小学校高学年児童を対象に, キャリア意識4領域(人間関係形成, 情報活用, 将来設計, 意思決定)の学年差と性差およびキャリア意識と適応感(自己肯定感, 学習効力感, 学校満足感)の関連について検討した。その結果, キャリア意識の4領域すべてにおいて5年生が6年生よりも高く, 人間関係形成, 情報活用, 将来設計の3領域では女子が男子よりも高かった。また, キャリア意識の4領域はいずれも, 適応感の3下位尺度すべてと有意な正の相関を示した。この結果から, キャリア教育によって児童のキャリア意識が高まれば, 児童の適応感も向上することにつながる可能性が示唆された。
journal title
Hiroshima Psychological Research
issue
Issue 10
start page
111
end page
119
date of issued
2011-03-31
publisher
広島大学大学院教育学研究科心理学講座
issn
1347-1619
ncid
SelfDOI
language
jpn
nii type
Departmental Bulletin Paper
HU type
Departmental Bulletin Papers
DCMI type
text
format
application/pdf
text version
publisher
department
Graduate School of Education
他の一覧