このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 24790
file
title alternative
Classification of words representing anger by emotional intensity of anger
creator
Mekuta, Jun-ichi
Tsukawaki, Ryota
Kunita, Shoko
Fujiki, Daisuke
subject
怒り
怒りを表象する単語
情動強度
NDC
Psychology
abstract
本研究の目的は怒りを表象する単語(怒り語)を、情動強度の観点から分類することであった。怒り語間の情動強度の相違を数的に捉えるために、予備調査において選出された10の怒り語を2語ずつ一対比較させる調査冊子を作成し、どちらの怒り語の方が強い怒りを連想させるか、もしくはどちらとも同程度の強さの怒りを連想させるかを大学生100名に回答させた。同程度の強さの怒りを連想させると回答された数に基づいて怒り語間の距離行列を作成し、クラスター分析を行った。その結果、「腹立つ」「腹立たしい」「むかつく」「怒り」「怒る」「立腹」が第1クラスターを、「激怒」が第2クラスターを、そして「むかむか」「いらいら」「むっと」が第3クラスターをそれぞれ形成した。各怒り語が他の怒り語よりも「強い怒りを連想させる」と評価された比率に基づいて各クラスターの特徴を解釈したところ、第1クラスターの怒り語は中程度の怒り、第2クラスターは強い怒り、第3クラスターは弱い怒りを表象していた。
journal title
Hiroshima Psychological Research
issue
Issue 7
start page
139
end page
146
date of issued
2008-03-31
publisher
広島大学大学院教育学研究科心理学講座
issn
1347-1619
ncid
SelfDOI
language
jpn
nii type
Departmental Bulletin Paper
HU type
Departmental Bulletin Papers
DCMI type
text
format
application/pdf
text version
publisher
department
Graduate School of Education
他の一覧