このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 24787
file
title alternative
Factors influencing the effects of self-derogation on interpersonal impressions
creator
Higuchi, Masataka
Kawamura, Chikako
Hara, Ikumi
Tsukawaki, Ryota
subject
自己卑下呈示
対人印象
自己高揚呈示
送り手の立場
NDC
Psychology
abstract
対人印象に及ぼす自己卑下呈示の効果が、送り手の立場によって異なるのかどうかを明らかにするために、大学生209名を対象とした実験を行った。実験は賞賛に対する返答として何らかの自己呈示が行われるというシナリオを用い、実験計画は送り手の立場(上/下)×呈示方法(自己卑下呈示/自己高揚呈示/統制条件)であった。その結果、対人印象の中でも社会的望ましさおよび個人的親しみやすさの次元においては、賞賛に対する自己卑下呈示は、自己高揚呈示よりも高く評価されることが明らかになった。一方、活動性の評価に関しては、賞賛に対する自己卑下呈示はもっとも低い評価となることが示された。送り手の立場によってこのパターンが大きく変わるという結果はみいだされなかった。これまで自己卑下呈示は望ましい印象を与えるのに有効であるとされてきたが、本研究の結果から印象の次元によってはネガティブとなる可能性も存在することが考察された。
journal title
Hiroshima Psychological Research
issue
Issue 7
start page
103
end page
108
date of issued
2008-03-31
publisher
広島大学大学院教育学研究科心理学講座
issn
1347-1619
ncid
SelfDOI
language
jpn
nii type
Departmental Bulletin Paper
HU type
Departmental Bulletin Papers
DCMI type
text
format
application/pdf
text version
publisher
department
Graduate School of Education
他の一覧