このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 35462
file
title alternative
Kindergarten Teachers' Feelings of Difficulty in Devising Individualized Education Program <Original Article>
creator
Kikuta, Mayo
Kifune, Noriyuki
subject
幼稚園教師
個別の指導計画
困難感
園内体制
経験
NDC
Education
abstract
本研究の目的は,幼稚園教師が抱く個別の指導計画の作成に関する困難感について,個別の指導計画の4つの作成段階に焦点を当て,園内体制や経験の影響を考慮に入れて検討することであった。障害のある幼児を担任している幼稚園教師を対象に郵送法による質問紙調査を行い,343名の回答を分析した。その結果,作成段階において,「評価」はその他のどの段階よりも困難感が高く,「具体的な指導内容の設定」は「幼児の実態の把握」や「指導の目標(ねらい)の設定」より困難感が高かった。また,「具体的な指導内容の設定」では,他機関との連携あり群が連携なし群より困難感が低い傾向がみられた。さらに,「指導の目標(ねらい)の設定」,「具体的な指導内容の設定」および「評価」では障害のある幼児の担任経験あり群が経験なし群より困難感が低かった。
journal title
The Bulletin of the Center for Special Needs Education Research and Practice Graduate School of Education, Hiroshima University
issue
Issue 12
start page
59
end page
67
date of issued
2014-03
publisher
広島大学大学院教育学研究科附属特別支援教育実践センター
issn
1883-5406
ncid
SelfDOI
language
jpn
nii type
Departmental Bulletin Paper
HU type
Departmental Bulletin Papers
DCMI type
text
format
application/pdf
text version
publisher
department
Graduate School of Education
他の一覧