このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 32190
file
title alternative
Investigation of an Equivalence of Pain Assessment by a ]apanese Version of the Premature Infant Pain Profile among Neonatal Nurses
creator
Isago, Naoko
Kanda, Katsuya
Hirata, Michio
Kusakawa, Isao
Suzuki, Chieko
subject
新生児
痛み
疼痛評価
Premature Infant Pain Profile
NICU
NDC
Medical sciences
abstract
日本語版 Premature Infant Pain Profile (PIPP)の臨床での活用可能性を検討することを目的として,異なる施設に所属する Neonatal Intensive Care Unit (NICU)看護師8名を対象とし,28の同一採血場面を日本語版PIPPで採点した場合の評価者間信頼性を検討した。また,NICU勤務経験5年以上の群と5年未満の群で疼痛評価に違いがあるのかも検討した。評価者間信頼性は先行研究よりも低かったが,NICU勤務経験5年以上の群と5年未満の群でPIPP総得点の有意な違いはなかった。これらのことから,日本語版PIPPは臨床における新生児の疼痛評価に有用であると考えられた。
journal title
小児保健研究
volume
Volume 71
issue
Issue 1
start page
10
end page
16
date of issued
2012-01-31
publisher
日本小児保健協会
issn
0037-4113
ncid
language
jpn
nii type
Journal Article
HU type
Journal Articles
DCMI type
text
format
application/pdf
text version
publisher
rights
Copyright (c) 2012 日本小児保健協会
department
Graduate School of Health Science