このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 45763
file
title alternative
An Intelligent Learning Environment for Learning by Problem Posing
creator
Nakano, Akira
Takeuchi, Akira
subject
作問(problem posing)
知的学習支援システム
知識定着
問題解決モデル
WWW
NDC
Education
abstract
知識は獲得しただけでは,実際の問題に適用できるとは限らない.したがって,知識を利用する経験を通して使いこなせるようになることを目的とした,知識定着の過程が必要となる.定着支援の手段として,知識を用いて繰り返し問題を解かせる問題解決演習のほかに,学習者自身にその知識を用いて解くことができる問題を作らせる作問演習が挙げられる.一般的に教育現場においては前者の問題解決演習の手法が用いられており,後者の作問演習は有効な手段といわれているにもかかわらず,実際に用いられることは少ない.本研究では,学習者に文章問題を作らせ,その文章問題を計算機が診断/評価/作問の誘導/誤りの修正支援/課題の提示などの処理をする知的な作問演習支援環境の開発をWWW上で行っている.作問演習は,問題を作らせることで解法が適用できる問題の条件を考えさせ,それにより解法の定着を促す上で効果的であるとされており,その支援環境の作成は意義あるものといえる.
journal title
電子情報通信学会論文誌 D
volume
Volume J83-D1
issue
Issue 6
start page
539
end page
549
date of issued
2000-06-25
publisher
電子情報通信学会
issn
0915-1915
ncid
language
jpn
nii type
Journal Article
HU type
Journal Articles
DCMI type
text
format
application/pdf
text version
publisher
rights
Copyright (c) 2000 IEICE
relation url
department
Graduate School of Engineering