このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 31780
file
title alternative
Phonological and orthographic priming in the lexical decision task
creator
Kiriki, Kenshi
NDC
Education
Psychology
abstract
本研究では,音韻や綴りの関連性によるプライミング効果に関して検討を加えた。実験1では,綴りの関連性によるプライミング効果に関して実験を行った。実験の結果,プライムとターゲットの聞に共通する文字が多いほどターゲットに対する語彙判断が促進されること,この結果はプライムが有意味語でも無意味語でも同様に得られることが明らかとなった。実験2では,音韻の関連性によるプライミング効果に関して実験を行った。その結果,ターゲットとプライムの1音節目の母音が同じであればプライミング効果が生起すること,またこのプライミング効果は,プライムの頭文字がア行である条件においてより大きいことが明らかとなった。このような結果について,語彙ネットワークの体制化や,意味記憶検索の観点から考察した。
journal title
福岡教育大学紀要
issue
Issue 51
start page
161
end page
165
date of issued
2002-02-10
publisher
福岡教育大学
issn
0286-3235
ncid
language
jpn
nii type
Departmental Bulletin Paper
HU type
Journal Articles
DCMI type
text
format
application/pdf
text version
publisher
department
Graduate School of Education