このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 31241
file
title alternative
A study on qualia for making a formation of awareness in Living Environment Studies
creator
Tarutani, Hideyuki
NDC
Education
abstract
本研究は, 生活科教育の重要課題の一つである「気付きの質を高める」学習指導の実現のための基礎的な研究であり, クオリアとしての気付きの実態を授業実践との関係において明らかにするとともに, 単元における構造化のためのモデルを作成することが目的である。複数の生活科単元の授業実践を通して得られたクオリアとしての気付きを分類・整理するとともに, 脳科学における諸感覚の分類等を参照して検討した。その結果, 生活科において子どもが活発に用いる諸感覚は所謂五感だけでなく筋肉感覚や温度感覚も存在し, それらも観点として含めることが適当であることが明らかとなった。また, 視覚については, 色彩や形状, 動き, 程度などの細かい観点が必要であることなども明らかとなった。これらの結果を総合して, クオリアとしての気付きの構造化のための暫定的なモデルとして提示した。ただ, クオリアとしての気付きの状況は多様であり, 単元による特性もある。そのため, 単元の状況に応じた枠組みの開発が今後の課題である。
journal title
THE ANNALS OF EDUCATIONAL RESEARCH
issue
Issue 39
start page
201
end page
206
date of issued
2011-03-24
publisher
広島大学学部・附属学校共同研究機構
issn
1346-5104
ncid
SelfDOI
language
jpn
nii type
Departmental Bulletin Paper
HU type
Departmental Bulletin Papers
DCMI type
text
format
application/pdf
text version
publisher
department
Attached Schools
他の一覧