このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 25834
file
Thumnail 09620071.pdf 13.2 MB
creator
Matsuo, Masatsugu
subject
言語
ナショナリズム
民族運動
民族紛争
政治的機能
アイデンティティ
利益
NDC
Political science
contents
ナショナリズムにおける言語の機能
1 課題設定と定義
 1. 1 課題設定
 1. 2 ナショナリズム : 暫定的定義
 1. 3 ナショナリズムの客体 : 民族
 1. 4 民族の有限性 : 境界の必然性
2 民族の規定要因
 2. 1 民族の予備的定義
 2. 2 客観的特性の共有
 2. 3 弁別特性
 2. 4 弁別特性に関する補足連関、相互作用、可塑性
 2. 5 弁別特性の均質性と異質性
 2. 6 共同体意識の重要性
 2. 7 弁別特性の実態と認識
 2. 8 アイルランドの事例
 2. 9 価値言語あるいは象徴価値
 2. 10 民族 : 暫定的定義
3 民族と言語
 3. 1 境界標識としての言語
 3. 2 言語的差異の実態
 3. 3 言語的差異の認識
 3. 4 規範としての弁別特性
 3. 5 弁別特性の異質化と同質化
 3. 6 言語計画
 3. 7 言語の異質化
4 国家と言語
 4. 1 近代産業社会における言語の重要性
 4. 2 非支配的集団のナショナリズムと言語 : ゲルナー批判
 4. 3 非支配的集団のナショナリズムと言語 : 二言語使用とダイグロッシア
 4. 4 共通の書き言葉
 4. 5 言語の同質化 : 選択と定着
 4. 6 共通語と日常語 : 二層ダイグロッシア・モデル
 4. 7 共通語の選択
 4. 8 共通語の定着と同質化の追求
5 結論
ナショナリズムにおける言語の機能文献目録
description
研究期間:平成9-10年度 ; 研究種目:基盤研究C ; 課題番号: 09620071
date of created
1999-08
language
jpn
nii type
Research Paper
HU type
Grants-in-Aid for Scientific Research Papers
DCMI type
text
format
application/pdf
department
Graduate School of Integrated Arts and Sciences
Institute for Peace Science