このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 48403
file
Thumnail k7998_1.pdf 470 KB
Thumnail k7998_2.pdf 519 KB
title alternative
ヒト肝細胞キメラマウスを用いたNS5A阻害薬耐性変異型HCVとDAA療法の関連性の研究 1) NS5A阻害薬治療不成功例におけるNS5A耐性関連変異およびヒト肝細胞キメラマウスを用いたNS5A-P32欠失変異を持つC型肝炎ウイルスに対する有効な治療法の検討 2) NS5A阻害薬治療不成功例におけるダクラタスビル/アスナプレビル/ベクラブビル治療の問題点について
creator
Teraoka, Yuji
language
eng
nii type
Thesis or Dissertation
HU type
Doctoral Theses
DCMI type
text
format
application/pdf
rights
(c) 2018 Elsevier Inc. All rights reserved.
(c) 2018 The Authors
relation
Biochemical and Biophysical Research Communications 500 (2018) 152e157
Teraoka et al., Journal of General Virology 2018;99:1058-1065
relation url
grantid
甲第7998号
degreeGrantor
広島大学(Hiroshima University)
degreename Ja
博士(医学)
degreename En
Doctor of Philosophy in Medical Science
degreelevel
doctoral
date of granted
2019-09-20
department
Graduate School of Biomedical & Health Sciences
note
全文(k7998_3-2.pdf)は、出版社の規定によりリポジトリでの公開が認められておりませんので、関連情報URLをご覧下さい。