このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 31827
file
creator
Sugihara, Narumi
NDC
Medical sciences
contents
目次
序論 / p1
本論 / p3
第1章 四塩化炭素肝障害モデルにおけるquinidineの体内動態 / p3
 第1節 単回静注投与後の血漿中挙動 / p3
 第2節 定常状態における組織分布 / p5
 第3節 全身クリアランス減少と肝機能低下の関連 / p10
 第4節 小括 / p12
第2章 四塩化炭素肝障害モデルにおけるquinidineの組織分布変動の機序 / p14
 第1節 組織分布の理論的解析 / p14
 第2節 組織結合 / p15
 第3節 血漿pHの測定 / p16
 第4節 血漿蛋白質結合 / p17
 第5節 小括 / p18
第3章 四塩化炭素肝障害モデルにおける弱塩基性薬物の血漿蛋白質結合率増大の要因 / p19
 第1節 In vitro血漿蛋白質結合 / p19
 第2節 血漿蛋白質結合に及ぼすTris(butoxyethyl)-phosphateの影響 / p20
 第3節 血漿蛋白質濃度の測定 / p22
 第4節 血漿蛋白質結合率と血漿α₁-acid glycoprotein濃度の相関 / p23
 第5節 小括 / p24
第4章 種々の薬物性肝障害モデルにおける弱塩基性薬物の血漿蛋白質結合 / p25
 第1節 血漿蛋白質濃度の測定 / p25
 第2節 肝障害度と血漿α₁-acid glycoprotein濃度の関係 / p28
 第3節 血漿蛋白質結合率と血漿α₁-acid glycoprotein濃度との相関 / p30
 第4節 小括 / p32
第5章 高α₁-acid glycoprotein血漿モデル(テレビン油投与ラット)におけるquinidineの体内動態 / p33
 第1節 生理学的パラメーター / p33
 第2節 単回静注投与後の血漿中挙動 / p35
 第3節 肝抽出率の測定 / p38
 第4節 組織分布と血漿蛋白質結合率との相関 / p40
 第5節 小括 / p42
第6章 結論 / p44
謝辞 / p46
論文目録 / p47
実験の部 / p48
引用文献 / p61
SelfDOI
language
jpn
nii type
Thesis or Dissertation
HU type
Doctoral Theses
DCMI type
text
format
application/pdf
text version
ETD
rights
Copyright(c) by Author
relation references
1. Narumi SUGIHARA, Koji FURUNO, Noriko KITA, Teruo MURAHANI, Noboru YATA: "Distribution of Quinidine in Rats with Carbon Tetrachloride-Intoxicated Hepatic Disease." J. Pharmacobio-Dyn., 15, 167-174 (1992).
2. Narumi SUGIHARA, Koji FURUNO, Noriko HITA, Teruo MURAHANI, Noboru YATA: "Increase in the Plasmpa Protein Binding of Weakly Basic Drugs in Carbon Tetrachloride-Intoxicated Rats." Chem. Pharm. Bull., 39, 2671-2673 (1991).
3. Narumi SUGIHARA, Koji FURUNO, Noriko KITA, Teruo NURAHAMI, Noboru YATA: "Plasma α1-Acid Glycoprotein Concentration in Rats with Chemical Liver Injury." Chem. Pharm. Bull., 40, 2516-2519 (1992).
4. Narumi SUGIHARA, Koji FURUNO, Noriko HITA, Teruo MURAKAMI, Noboru YATA: "The Influence of Increased Plasma Protein Binding on the Disposition of Quinidine in Turpentine-Treated Rats." Biol. Pharm. Bull., 16, No.1 (1993).
relation references URL
http://ci.nii.ac.jp/naid/110003637540
http://dx.doi.org/10.1248/cpb.39.2671
http://dx.doi.org/10.1248/cpb.40.2516
http://dx.doi.org/10.1248/bpb.16.63
grantid
乙第2334号
degreeGrantor
広島大学(Hiroshima University)
degreename Ja
博士(薬学)
degreename En
Pharmacology
degreelevel
doctoral
date of granted
1992-11-26
department
Graduate School of Biomedical Science