このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 29322
file
title alternative
A Development and View of Research in Mathematics Education as a Science : Its Contents and Methods <Feature Articles : Development and Perspectives of Studies of Curriculum and Instruction: 1967-2002>
creator
subject
数学教育学研究
広島大学修士論文
研究内容
研究方法
NDC
Education
abstract
本稿では, 昭和43年度(1968年度)から平成12年度(2000年度)までに提出された, 広島大学大学院教育学研究科の教科教育学専攻数学教育学(数学内容学は除く)修士論文64編を対象にして, 各論文の内容と方法を整理した。そして, 研究内容については, 認知・理解・思考論に関する論文が最も多く, 研究方法については, 理論的・規範的研究で用いられる解釈的方法と実践的・実証的研究で用いられる問題・質問紙調査が多くの論文で採用されているということを明らかにした。また, 初期の昭和40年代から昭和50年代前半までの研究では数学教育学を「学」として成立させようとするスケールの大きな研究がみられ, 昭和50年代後半からは問題解決や認知・理解・思考に関する研究が多くなり, 平成5年頃からは授業構成論や認識論に関する研究が多くなっているという大きな研究動向を読み取った。
abstract
In this paper, from 1969 to 2001 the 64 master's theses in mathematics education, Graduate School of Education, Hiroshima University are reviewed focusing on their contents and methods in order to see the locus of development and to have the view of research in mathematics education. As a result, the prominent features of contents and methods are shown in terms of category and historical tendency.
journal title
Journal of the Hiroshima University Curriculum Research and Development Association
issue
Issue 17
start page
77
end page
87
date of issued
2002-03-31
publisher
広島大学教科教育学会
issn
1340-2900
ncid
language
jpn
nii type
Departmental Bulletin Paper
HU type
Departmental Bulletin Papers
DCMI type
text
format
application/pdf
text version
publisher
department
Graduate School of Education
他の一覧